東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬式の平均値から見る費用の抑え方

葬式の平均値から見る費用の抑え方


急に発生するからこそ



人の死は突然おこります。このように急に起こることになるのが葬式の特性と言ってもいいでしょう。ある程度の予測はできたとしても、前もって準備をすることはなかなかできません。だからこそ、一体いくらかかるのか、その費用を事前に考えておかなければいけないでしょう。




いきなり葬式となったとしても、一体いくらぐらいが適正金額なのかが分からないからです。あとから失敗したと思っても間に合いませんし、事前に知らなければ対応もできないでしょう。事前に相場を知るということは重要な意味を持ちます。




葬儀に関して言えば、さまざまな相場が公表されています。地域によっても差がありますし、高額な葬儀が平均値を引き上げていることも考えられますので、参考にしながら地域性も考慮していくことが重要です。




ひとつの指標として使うことができるのが、日本消費者協会でしょう。日本消費者協会は現在では一般財団法人ですが、もともとは経済産業省所管の組織です。そのため、指標としてはわかりやすいものとなるのです。




この日本消費者協会がアンケートをとった結果を見ると、葬儀一式で全国の平均は約142万円とかなりの金額がかかっていることがわかります。ただし、この金額はあくまでも平均であり、高額な場合とできるだけ抑えた場合も含まれているため、一般的な金額を表す偏差とは異なる点に注目しておかなければいけません。




葬儀費用ということで考えると、かなり飛び抜けた高額な例もありますし、火葬だけの低価な場合もあるからです。飛び抜けて高額の例が混ざっていることを考えると、平均値よりは下がるということを考えておいた方が良いでしょう。そのため、平均となっているものは、ひとつの目安として考えるに留めることがポイントです。






費用の要素を考えてみる



実際にかかる費用を分析していくと、葬儀一式費用、寺院費用、飲食接待費という要素があります。葬式の費用としては、この3つを足していくことが見積もりの基本です。




葬儀本体にかかるのが葬儀一式費用で、読経や戒名などにかかる寺院費用、参列者へ料理や飲み物、返礼品なども含めた接待飲食費用になっています。全国平均を見てみると、葬儀一式は先述した通り約142万円、寺院費用は約55万円、飲食接待費は約40万円、合計費用の平均は約237万円となっています。




これらの平均値もあくまで平均であり、高額の葬儀から低額の葬儀まですべての葬儀の平均になるため、実際にはここからも、相場的な平均値はもっと低い所にあるということになるでしょう。




費用の割合を考えた時に、50%以上を葬儀一式費用が占めるのが現実です。要素の対象が多いということもありますが、通夜や葬式などにかなりのお金がかかるということになります。特に場所代や施設代金ということになるでしょう。




逆に接待飲食費用に関して言えば、参列してくださった人数によって変動することになります。多くの方にいらしてもらえれば、それだけ増加しますので、回収することもできるということを表していますが、この部分は大きくなったとしても、ある程度許容することができる部分といえるでしょう。




寺院費用に関しては、葬式として無宗教にすることで、読経や戒名が必要がないといったときには発生しません。宗教や宗派によっても金額が異なりますし、故人も含めた貢献度なども影響するため、これが一概に高いか安いかということは、判断しにくい部分でしょう。






葬式を焦らないことが一番



葬儀費用を抑えたいという人は、様々なポイントを抑えていく必要があります。よくあるケースとして、病院から葬儀社を紹介された結果、高額になってしまうケースです。搬送だけのつもりが、すべてまとめられてしまうということも出てくるでしょう。こうした契約は、熟考する暇がなくなってしまっている状況です。




葬儀社では、さまざまな状況の対応も考えてくれますので、焦って契約する必要はありません。突然の不幸で気が動転していることも考えられますが、このような時こそ落ち着いて行動することが大事です。そうならないためにも、事前に調査をしたり、相談をしたりしておくといいでしょう。




生前に相談をするということは縁起が悪いと考えている人がいますが、実際にそんなことはありません。それどころか、しっかりと葬儀を進めるためには事前相談が確実です。




また、見積もりはあくまでも総額にするということです。一体いくらかかるのか、はっきりさせなければいけないでしょう。寺院費用や飲食接待費が含まれていないこともありますので、総額にすることが重要です。これにより、あとから費用が発生することを防げます。不確定な要素は、できるだけ排除しておけば心配事を減らすことができるでしょう。




葬式の平均額から見えることは色々とあります。地域性もあり、抑えていても平均値を超えてしまうこともあるでしょう。ですが、内容をしっかりと吟味することで、費用は抑えることもできますので、相場ということも考え選択していくことが重要です。








相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。