東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬式の基本的なマナーを抑えておこう

葬式の基本的なマナーを抑えておこう


突然のお葬式に慌てないために



家族関係や親戚、ご友人や会社でのつながりなど人々とのかかわり方は様々です。そうした関係性においては、冠婚葬祭におけるイベントも発生します。特にお葬式は厳かなものとして気を遣う場面になることでしょう。お葬式やお通夜は前もって知ることはなかなかありません。突然参加することにもなるかもしれません。自分にとっての近親者や、親しくしていた方の訃報には驚くかもしれませんが、取り乱さず大人の対応をきちんととりたいですよね。いつごろ弔問に向かうかは生前の関係によって異なります。

近親者の方や親しくしていた方のお通夜やご葬儀は、自分も準備に携わるという意識をもって駆けつけると考えましょう。もし遠方ですぐに対応できない場合には、電報や電話を利用するのもひとつの方法です。いつごろ伺うのが都合がよいかを確認します。しかしながら、現場はバタバタしている可能性が高いので、簡潔に用件は済ませることも大切です。現場においては哀悼の気持ちをしっかりと伝えたうえで何かお手伝いできることはないか、伺っておくことをおすすめします。

亡くなった方との関係がそれほど深いわけではない、という場合には死後すぐに駆け付けることは避けましょう。お通夜や葬儀の場面で弔問するようにタイミングを計ります。ご近所であまりお付き合いがなかった場合でもきちんと弔問しておくことが大切です。しかしながら、簡潔に玄関でお悔やみの気持ちや言葉をかけて早くお暇することが適当と言えるでしょう。ご近所でもしお手伝いできることがあれば、と声をかけておくことも大切です。

急ぎで駆け付ける場合には平服でも地味であればマナーは守られます。派手なメイクや装飾品、アクセサリーは心遣いから外していきましょう。仕事や都合上、すぐにうかがえない場合もあるはずです。そのときには代理の方に弔問をお願いする方法もあります。また弔電を利用するのも方法のひとつです。弔電はあくまでも弔電なので、お悔やみの手紙や後日訪問するための都合をつけておくとよいでしょう。きちんと気持ちを伝えることが基本です。



しっかりとしたマナーを確認



お通夜に参加する場合、案内を確認し開かれている時間を確認します。まずお通夜は一般的に1時間程度で行われます。その間に伺うことを心がけておきましょう。受付を行う際にもまずはお悔やみの言葉を述べます。記帳はそのあとです。香典は受け取る相手から名前が見えるように渡します。名刺を差し出す場合には左下の角を折って出すのが一般的なマナーです。受付が設置されていない場合には遺族にまずお悔やみを述べます。祭壇に香典を置く場合には自分に向けて供えます。

お焼香の回数は宗派によって変わっています。一般会葬者として参加する場合には1回でも2回でもあまり支障はないと言えるでしょう。立って行う拝礼と座って行う拝礼は作法に違いはありません。遺族と遺影に一礼をしてお香を3本指でつまみます。つまんで目の高さでいただいた後くべます。その後合掌して遺族に一礼を行い席に戻ります。神式では玉串奉奠となります。キリスト教では献花するスタイルになります。前の人と同じように、玉串もお花も祭壇に向けて供えましょう。宗派やしきたりによってはわからないこともあります。前の人に倣うように落ち着いてやることで、お通夜や葬儀の空気を乱さないことが何より大切です。

お供え物やお花については贈る前に遺族の方に確認しておくとトラブルを避けることができます。案内が来た際には早めに出欠の返事をしましょう。ご遺族の方は忙しく準備に追われているため、できる限り早めの返信をおこなうことが大切です。



お悔やみの言葉も大切に



亡くなった方を悼む気持ちは大切です。ご遺族の方にかける言葉ひとつひとつにもマナーとして気を付けておくべきポイントがあります。例えば「重ね重ね」や「たびたび」など、お悔やみの言葉では使っては好ましくない忌み言葉もあります。これは繰り返しを意味するためです。不幸や訃報が繰り返すことを連想させる言葉は避けましょう。気持ちを伝えるうえでもご遺族の心情を鑑みることが大切です。

また、亡くなった方やご遺族と親しい間柄の場合、亡くなった状況や様子などを尋ねてみたくなるかもしれません。葬儀の場ではそういった亡くなった経緯を尋ねてしまうのはマナー違反です。気になることはあってもマナーを守って、まずはお悔やみの言葉とともにそっとしておくことが大切です。お通夜や葬儀の参加はまずご遺族の方の状況を見て、なるべく穏便にことが進むような行動を心がけるようにしましょう。

亡くなった方とのお別れの式であることを頭において、哀悼の気持ちをもっておくことと基本的なマナーを普段から確認しておくと安心です。まさかの事態に慌てることなく大人の対応ができれば、その後も気持ちの良い関係を続けることができるはずです。







相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。