東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬式のお線香は何回まで焼香すればよいのか

葬式のお線香は何回まで焼香すればよいのか


葬式での焼香の一般例



死はすべての人に必ず訪れるものですが、死者の魂を安らかに慰める葬式はそう何度もあることではありません。だからこそ大切に行いたい儀式の一つです。日本は基本的に仏教国なので葬儀の一般的な形は仏式です。通常仏式の場合は焼香をしますが、同じ仏式でも宗派が違うと流れががらりと変わってきてしまいます。



仮に宗派が分からなくても特にうるさく言われることは滅多にありませんが、豆知識として知っておくといざという時に役に立ちます。全体的な流れはほぼ一緒で、大きく違うのはお焼香の流れになります。そもそも線香は何のために立てるのかと言うと、本来の意味は清めと冥福を祈ること、つまり、無事に天国極楽にたどり着きますようにとの祈りを込めて香炉に立てるのです。今となっては特に意味を問われることもなく習慣として行われるに留まっていますが、意味が分かったうえで行えばなおいっそう敬虔な面持ちで祈ることができるでしょう。



どのような場所で祭儀を行うかによって座って行う座礼か立ったままで行う立礼かに分かれます。回し焼香というのもありますが会場が狭い場合や参列者が多い場合に行われることがあります。焼香の行い方は、遺族や喪主から始まって焼香の順番が順々と進んでいきます。



自分の番になったら祭壇の前に進み出て最初に僧侶と遺族および喪主の前に深々と一礼をします。最後に遺影に一礼をして焼香をします。



お線香による焼香の場合はお線香を一本とって蝋燭から火をつけた後に手で仰ぐように火を消します。その時、息で吹き消すことは厳禁です。静かに立てて、再び合掌します。最後に再度僧侶と遺族に一礼をして自分の席に戻ります。抹香による焼香の場合は親指と人差し指と中指の3本で抹香をつまみ、目の高さに掲げ、香炉の中に静かに落とします。この時の焼香の回数とお線香の本数が宗派ごとに違ってきます。






宗派別焼香の流れ



焼香は霊前を清め霊魂が迷わず無事に極楽浄土へ辿り着けるように、敬虔な気持ちで仏様にお祈りする時に香炉に突き刺して立てます。本数は1本から3本程度で焼香も同様に1回から3回程度というのが一般的ですが、宗派によって特に決まりごとがないものもあります。現在国内で信仰されているのは天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗などがあり、それぞれに形があります。このうちお線香を上げるのは浄土宗になりますが、抹香でもよく本数に決まりはありません。



それ以外は抹香といって主に立礼の時に香炉の隣に置かれたものから右手親指、人差し指、中指の3本の指でつまみ、目の高さまで持ってきてから香炉に落とします。この動作を天台宗と真言宗は3回繰り返し、曹洞宗と臨済宗は1回だけ目の高さにまで持ってきてから香炉に落としますが、2回目は単純に香炉に落とすだけです。浄土真宗はそのまま香炉に移すだけなのですが、本願寺派は1回だけなのに対して大谷派は2回行うというように内部派閥によっても少しだけやり方が違っていることもあります。



天台宗や真言宗は抹香を3回行いますが特に決まった形はありません。同じ仏式でもこれだけ違うわけですから、焼香の形だけみればどの宗派に属しているかが分かる人には分かります。ただし無神論者の人にはこうした宗派による違いは関係ない部分でもあるので、多少やり方が違ってもうるさく言われることはありません。仏様への敬虔な気持ちが伝わってくれば良いのです。葬式に焼香するものだと大勢の日本人が思ったのは、浄土宗のやり方が一般化したゆえということになります。






宗派がわからなくてもOK



葬式でお線香を必ず上げて焼香するのは宗派をざっと見渡す限り浄土宗だけですが、日本国内で最も普及した浄土宗の思想と共に焼香の風習も一般化したと考えられます。浄土宗では形には特にこれといった決まりがありません。どの宗派であっても気兼ねなく焼香ができるように祭壇には香炉と抹香が並んで置かれています。



焼香によほど詳しくない限り形を見ただけでどの宗派かを見分けるのは難しいですから、多少間違っていても気付かれることもないはずです。むしろ祭壇の前に立つ前後で遺族への丁寧な挨拶の姿勢が注目されます。



檀家の方で数珠を手にして焼香される人もいますが、その場合数珠は左手に持つのが一般的です。線香に火をつけるのは右手で行います。これも一般的事例で、通夜では線香を上げますが告別式では抹香を上げるのが一般的です。7回忌や四十九日法要などの祭儀の際にも線香を上げることが多いです。



檀家とか信者とかでないとこうした決まりごとは分かりませんから、いちいち覚えて行うということはないでしょう。その場合は線香を1、2本あげる、抹香も1、2回と覚えておけば良いのではないでしょうか。ちなみに参列者が大勢であったりした場合は回し礼というのも行われる事ことがあります。この時は線香は使わずに香炉と抹香だけを回して自分の席についたまま抹香だけをします。焼香が済んだら祭壇に向かって手を合わせて合掌して、最後に遺族に丁寧にお辞儀をして座席につけば終了です。挨拶だけは丁寧にしっかりとします。しかしその家で大事にしている宗派を知っているならしきたりに従って行えばなお好印象で迎えられます。








相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。