東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬式で知っておきたいことや東京で探す際のポイント

葬式で知っておきたいことや東京で探す際のポイント


葬式の種類について



身内や親族などが亡くなった場合には葬儀を執り行うことが一般的ですが、葬式といっても近年では様々な種類が存在しています。色々なプランの中から選ぶことになりますが、後悔しないためにはそれぞれの種類について把握しておくことが大切です。実際に葬儀社によってプランは異なる場合もありますが、今回は大まかにどのような種類が存在しているのかについて紹介します。

まず、多くの人が選択するプランとして一般葬が存在しています。これは最も多く行われている葬儀形式となっており、通夜、葬式、告別式の全てが含まれているプランとなっています。多くの人たちに見送ってもらいたいと思っている場合や、関わっている人たちが多いという場合には一般葬を選択すると良いでしょう。

続いての種類としては家族葬というものがあります。家族葬とは簡単に説明すると身内だけで済ませるシンプルな形式です。基本的には家族や親族だけで執り行うことが多く、人数は10名から30名ほどで行うのが一般的となっています。一般葬よりもシンプルで集まる人たちも少ないですが、メリットとしては故人とゆっくりお別れをすることができることです。例えば、一般葬の場合は遺族が参列者の対応をしなければならないので、故人の側にずっといるということはできない場合もあります。何かと忙しくなりゆっくりと過ごすことはできませんが、家族葬なら参列者への対応もほとんどありませんので、故人とゆっくりお別れをすることができます。精神面や体力面での負担を軽減できるというのもメリットとなります。

その他の葬式の種類としては社葬もあります。これは会社の経営者や役職の人たちなど企業に貢献してきた人たちのために企業と遺族で合同に葬儀をする形式となっています。基本的に一般葬などに比べると規模も大きくなることがほとんどなので、それなりに価格は必要になりますが、社葬は合同で行うことが多いので、企業側も葬儀費用の負担をしてくれます。中には企業側が全額支払ってくれるという場合もあり、遺族側の経済的な負担を軽減することができます。基本的に葬儀費用に関しては話し合いをして誰がどのくらい負担するのかを決めることになるでしょう。

また、火葬のみ行う形式も存在しており、シンプルに済ませるということもできます。他の葬式に比べるとシンプルであるため費用を最低限度に抑えることができます。様々な事情でそれほど費用をかけられないという人は火葬を選択することで経済的負担を少なくすることができます。東京で葬式を考えている方も、このように色々な種類が存在しているので、あらかじめどのような種類があるのかについて調べておくと良いでしょう。



葬式に参列する人はマナーを守ろう



葬式の中でも一般葬の場合には親族以外にも知り合いや仕事などで関係のあった人たちが多く集まります。参列したことがあるという人たちもいるかと思いますが、参列をする時には守っておきたいマナーがいくつか存在しています。恥をかかないためにもマナーについてそれほど詳しくないという方はあらかじめ調べておくと良いでしょう。今回は一部分ですがそのマナーについて紹介します。まず、当然のことですが参列する際には時間を守るようにしましょう。葬儀のみならず、遅刻をしてしまうと多くの人たちに迷惑をかけてしまうことになります。事情があるという場合にはしっかりと遅れることを伝えるようにしましょう。事情がない場合には始まる15分から30分前くらいには着いておくと安心です。

続いてのマナーとしては大きな声で話さないことです。例えば知人の葬式の場合は知り合いなどが集まることが多く、中には久しぶりに会う友人なども存在しています。久しぶりに会うとついつい話してしまいがちですが、葬儀を執り行っている最中に話すようなことは避けるようにしましょう。また、会場で大きな声で話すのもよくありません。話したいことがある場合には葬儀場から離れてから話すようにしましょう。東京で葬儀に参列する方も他の人に迷惑をかけないために、こういったマナーを守るようにすると良いでしょう。



東京で葬式について考えている人へ



東京に住んでいる人たちは東京での葬式を考えている人も多いと思いますが、実際に東京には色々な葬儀社が存在しています。どこに依頼しても一緒だと思っている人もいるかと思いますが、実際にはサービス内容や対応などが異なります。選び方も重要なので今回は選び方について2つ紹介します。

まず、緊急で対応してくれるかどうかの確認をしておきましょう。例えば葬式を執り行う日は前もって分かっているものではありません。そのため、急きょ依頼することになる場合もありますが、こういった場合でも対応してくれるかどうかを事前に調べておくと良いでしょう。また、葬式の種類についても確認しておきましょう。葬儀社によっては色々なプランから選べるところも存在しています。希望に合ったプランで葬式を行えるところを選ぶようにすることが大切です。





相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。