東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀費用を見積もりする時のポイントと注意点

葬儀費用を見積もりする時のポイントと注意点


葬儀費用の見積もりについて



葬式は前もって予定しておく事はなく、突然対応しなければいけないため「何をどうしたらいいかわからない」という事がたくさんあります。しかしのんびりしている時間はありませんから、大抵の場合は、近くの葬儀社か病院から紹介されたところに依頼します。病院から紹介されるところは、少し費用が高くなる傾向にあります。もちろん全てではないものの、後になってもっと慎重に選べば費用が安く済んだというケースもあるでしょう。

葬式にかかる費用は事前に見積もりが可能です。住んでいる地域に1社しかない場合は仕方ありませんが、いくつか選択肢があるなら、見積もりをしてから決めるのがおすすめです。一般的には、葬式は費用がかかるというイメージです。全国平均を見てもかなり高額ですし、上を見たらキリがありませんが、現在ではいろいろなスタイルの葬式がありますので、予算に合わせて選べるようになっています。

葬式の費用は、いくつか項目があります。一般的には通夜と告別式を行いますが、通夜や告別式を行うのに必要な道具や場所、返礼品や香典返しなど、その他諸々の費用の総額を考えておく必要があります。葬式だけは安く済んでも、その他の雑費でかなり費用がかかる事も珍しくありません。葬式にかかる費用は、会社ごとのプランの違いもありますが、利用する式場や参列する人数などによっても変わってきます。大抵の場合は、人数や予算に合わせていくつかのプランを用意していますので、その中から選ぶ事になります。プランの違いでトータル費用もかなり変わってきますので、総合的に考えておく事が大切です。また費用によってはそれぞれの業者に別々に支払う事もあるため、支払い先や支払い方法などもチェックしておくとよいでしょう。





葬儀費用の内訳



葬式にかかる内訳を知った上で見積もりを依頼する事も大切です。どのような内訳になるのか一般的な葬式を例にして説明します。

まず基本的となるのは、棺や祭壇、ドライアイスなど葬儀社に支払う費用です。式場を別に借りる場合は、式場に利用料を支払いますが、式場を所有している葬儀社ならまとめて精算します。式場までの参列者の送迎や式場から火葬場までの送迎には、マイクロバスが必要です。また出棺の時は火葬場まで霊柩車で向かいうため、車両のレンタル費用を業者に支払います。火葬する場合は火葬場に費用を支払います。地域による違いもありますが、いくつかの市が共同で管理している公営の葬儀場では同じ敷地内に火葬場があるので、移動の手間がなくマイクロバスを使わずに済む事があります。公営の場合は式場の利用料も安いというのがメリットです。ただし場所を提供しているだけですから、その他の手配は自分で行います。

通夜や告別式の参列者に配る返礼品、通夜振る舞いの料理などもそれぞれの業者に支払います。意外と見落としがちなのが、お布施です。通夜や告別式に僧侶を呼び読経をしてもらう時、戒名を付けてもらう場合も費用がかかります。お布施に関しては決まった金額はありませんが、応地域によって相場はありますので、相場を参考にして決めるのが一般的です。ただし無宗教の場合は、お布施はかかりません。

このように、一言で葬儀といっても、かかる費用はいろいろな内訳があります。これは葬儀社によりプラン内容が違い、別料金として請求される事もあるため、見積もり時にきちんと確認しておくことをおすすめします。






見積の方法について



見積もりを依頼する場合は、事前に資料請求をしておく事もできますし、電話やネットから見積依頼ができます。ただほとんどの場合突然決まる事になるため、前もって準備しておくのが難しく、慌ただしい中で決めるので不安も多くなります。これは葬儀社による違いもありますが、緊急に対応する事になるため、電話相談は24時間対応しているところが多いです。フリーダイヤルなら通話料もかかりませんし、見積もりに関してもすぐに相談に乗ってくれます。相談する時は、ある程度の予算を伝えておき、どんなスタイルの葬式にしたいかなども伝えておきます。

葬式には高額な費用がかかるイメージがありますが、予算に合わせて選べます。「家族や身内だけで行う家族葬」「通夜と告別式を1日にまとめる1日葬」「葬式はせず火葬場で読経をする直葬」などもあります。

葬式をしても「参列者がいない」「葬式をするお金がない」など様々な理由があるため、今は葬式のスタイルも多様化しているのです。その分選択肢は増えていますから、あまり費用をかけられないという時も、相談すれば予算に合わせて最適なプランを提案してもらえます。支払い方法なども相談に乗ってもらえますので、とりあえず見積を依頼して、担当者とよく相談して決めてください。予算や希望に合ったプランが見つかったら、後はほとんどを葬儀社が代行してくれますので安心です。信頼と実績のある所を選ぶのもポイントです。





相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。