東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀社の選び方と妊婦が参列する場合は

葬儀社の選び方と妊婦が参列する場合は

葬儀の準備と料金


遺族が亡くなり、悲しみの中で、葬儀を執り行うためにいろいろ準備をしなければなりません。

最初に決めなめればならないことは、葬儀の代表者である喪主を誰にするかを、通夜の前に決めておきます。一般的に配偶者が務めますが、死亡などでいない場合は、長男など血縁の濃い順になります。

形式は、故人の信仰していた宗教で行います。初めての場合は、宗派によるしきたりなども分からず慌ててしまいがちですが、本家などに確認・相談しながら準備を進めていくのが賢明でしょう。

日程を決めるには、火葬場の都合や六曜を考慮しなければなりません。六曜が友引であれば、「死者が親しい人を引き寄せる」という迷信があり、火葬場も休みの場合が多く、避けるのが常識となっています。

こうしたことを亡くなった死亡通知を受け取ってから、早々に決めていくことになります。この後に、どこで式を行い、どこの葬儀社に依頼するかを決めることになります。

葬儀社の選び方とし、大手で有名なところなら安心だろうと考える人も多いでしょうが、必ずそうとは限らないものです。どこで、どういう式をどんな規模で行いたいかで、選び方も変わってきますので、まずはそれを決めることです。盛大なものか、低料金で行いたいかなど、希望に合った式を行ってくれるところを探すことになります。

良い葬儀社の選び方のポイントの一つに、スタッフの対応の良し悪しです。式を執り行う担当者が良ければ、式は概ね成功と言えます。打ち合わせのとき、親切丁寧な応対で、分かりやすく説明してくれ、望む式ができるよう相談にのってくれる担当者がいるところに依頼するのがいいでしょう。また、明細が記された見積もり書を出し、これ以外にかかると思われる内容と、およその費用を説明してくれるかどうかも、見極める点です。

少しでも利益を上げようと、高い費用のものを進めるスタッフがいるところは、依頼するのは止めたほうが無難でしょう。

通夜・式には、喪主や遺族は正式喪服を着用します。参列者は式当日はもちろんのこと、通夜も急でない限りはブラックフォーマルを着用することがマナーです。

妊婦の状態で参列することになった場合は、お腹に鏡を入れておくと良いと、昔から言われています。鏡には魔よけの力があり、鏡を外側に向けておけば穢れを防ぐことができると伝えられており、今でも妊婦の参列者は実行しているようです

主催者側も参列者側も、マナーを知らずに恥をかくことのないようにしたいものです。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。