東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀社と東京と香典について

葬儀社と東京と香典について

東京には、数多くの葬儀社があります。とはいえ葬儀社を選択する機会というのは、人生の中でも1回か2回ほどのものです。東京は何かと選択肢が広くて良い面もありますが、葬儀社選びともなると、気楽に即決というのも難しいものです。東京で良い葬儀社に依頼できるようにするためにも、業者から資料を取り寄せるなど、リサーチをすることもポイントとなります。最初から1社に決めてしまうのではなく、余裕を持って数社を検討してみるといいでしょう。



葬儀に欠かせないのが、香典の存在になります。故人への供養の心を表わすものでありますし、お花であったり、お線香などの代わりとして持参します。持参するのは、お通夜や葬儀のタイミングになります。葬儀はどこの家庭においても、突然の出費でもあります。そんな急な出費は、遺族としても何かとお金が掛かってしまうために、そんな出費を助けるといった意味合いも、もともとはあるものです。香料と言われることもあり、現金を用意します。



お通夜にも参列して、翌日の葬儀にも参列するといった、両方の出席するケースもあります。こういった時には、得にはどちらで持参するか決まってはいません。ですが、お通夜において受付で渡しているのであれば、翌日の葬儀に参列した時には、受付では記帳だけを済ませて会場へ進みます。両方に出るからといって、両日とも持参の必要はありません。多く場合は、両方とも出席するつもりであれば、最初に参列するお通夜に持参するパターンが多いです。



ですが、こういったことは急に連絡が入るものです。そのため急いでお通夜に駆けつけるパターンも、多々あることです。それはよくあることですから、お通夜に参列して、受付では金曜のみをします。そして葬儀の時に、改めて準備してきた香典を持参して、受付で渡すことです。法要の場合は、のし袋の表書きが違うため、この点には注意が必要となります。のし袋には表書きが必要ですが、それには適切なパターンがあります。



仏教では御霊前の表書きをしますが、宗教が何かわからないときにも使用できて便利です。仏教の場合であれば、お通夜や葬儀、それから初七日においては、済は薄墨を使い御霊前と表書きをします。四十九日以降の法事であったり、法要であれば、御仏前になります。キリスト教を進行している場合、熨斗の表書きは、カトリックが御ミサ料、プロテスタントは御花料などになります。神教の場合の香典の書き方では、御玉串料や御榊料、御神饌料などになります。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。