東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀社と東京と写真について

葬儀社と東京と写真について

東京というエリアには、いくつもの葬儀社があります。そのため、葬儀を行うときにも、東京の中で業者を選ぶ選択肢は多くなります。東京の葬儀社では、遺影写真に関しても対応をしてくれます。あまり意識は向かないかもしれませんが、いざお葬式になった時に、案外慌ててしまうのが、遺影のためのフォトです。自分のお葬式のために、生前にフォトショップで良い顔での撮影を行う準備万端な人もいますが、すべてがそうとは限りません。



葬儀の準備となったら、遺影用のフォトは必ず必要になってきます。葬儀社のスタッフからも、遺影用のフォトの原稿を用意するように言われても、用意がないために慌てるケースはあります。故人が生前に、フォトなどの撮影が苦手だったというパターンもあります。遺族としても用意しなくてはなりませんから、困った挙句に取り出すものとして、自動車免許証であったり、パスポート等を出してくるケースもあります。それくらい、意外と慌てる内容の一つです。



葬儀を行うにあたり、参列者たちが最も関心を高めて注目をするのは、会場の施設や来場者ではありません。なんといっても最初に見るのは、裁断の飾りつけ絵はなく、故人の遺影のフォトです。しかも、後まで印象が強く残ります。キチンと写っていて、生前のその人らしい面影もあるものは、参列者にとっても良い表情であるといった、プラスのイメージとして残ります。一般的な参列で焼香をする時にも、遺影のフォトを見ながらおこなうものです。



どんな1枚をピックアップすればよいのかですが、いくつかのポイントがあります。ネガがないといけないというのは、単に思い込みですから、ネガがなくても大丈夫です。一人で写っているものではなく、複数で撮影しているものでも構いません。方向としては、できるだけ正面を向いているほうが良いです。デコボコしている素材もありますが、できるだけ表面がツルツルしている、光沢のある素材を選んだほうが、仕上がりとしてもキレイです。



基本的には、できるだけ本人が大きく写っているものを用意することです。昔は着物姿での遺影が多かったですが、最近は着せ替えをしないでカラーで使用するケースが増えてきています。しかし葬儀社によっては、もっと柔軟な対応で、遺影の写真の受付をしてくれるケースもあります。体向きにしても、その人の個性が出るので、あまり気にしなくて良いと言う業者もあります。表情は、リラックスしているものが良いでしょう。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。