東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀場を選ぶ際には事前見積もりで比較をしましょう

葬儀場を選ぶ際には事前見積もりで比較をしましょう


葬儀準備の一環



お葬式の準備をする際には、依頼する企業を選別したり、会場を検討したり、葬儀の連絡をする人を選別したりなど、色々と考えることが山積みです。ですが、何をするにも先立つものとなるのが、やはりお金になります。依頼を行う企業によっても必要な費用は異なりますので、余計な出費をしないためにも、出来るだけ事前にいろんな企業を比較しておく必要があると言えるでしょう。

比較をする際に大切になるのが、見積書です。こちらは、葬儀に必要な金額などを全て計算して、いくら支払うことになるのかを事前に示してもらえるものですが、この見積書は本格的に葬儀の依頼をする前に出してもらうことが可能ですので、様々な企業で見積もりを出してもらって、内容や金額の比較をしてから本格的に依頼をするという方法をとることがおすすめです。

見積もりを出してもらった後、その料金から高くなる場合もあれば、低くなる場合もあります。金額が高くなる場合は、別途オプションなどを利用した場合、低くなる場合は、会場の規模を小さくしたりなどの場合が挙げられますが、見積もりの段階ではまだ決定ではなく、相談をすることが出来る段階のことが多いので、見積もりを出してもらってから、その内容や金額を検討して、必要なものをプラスし、いらないものをマイナスにすることで、コストを変更することが可能です。

このように、葬儀を行う際の見積書は、他の企業との比較を行う際に重要になるのはもちろんのこと、お葬式の内容自体を見直すために非常に重要な部分となると言えますので、しっかりと確認をすることが大切です。



準備の際のポイント



お葬式の内容などを考える際には、見積もりを出してもらう前に、このようなことを考えておくことも必要となります。

まずは、会場の規模に関してです。基本的には企業によって提携している葬儀会場を中心に、お客様のプランに合わせた会場の料金を出してくれている場合が多いのですが、大体の人数などを伝えていないと、必要以上に大きい会場を用意されてしまう可能性が高くなります。事前に参加人数がどのくらいになるのかを検討しておき、ある程度会場の規模の目安を決めておくことで、余計な出費を減らすことが出来るでしょう。

次に、お葬式のプランや内容についてです。故人の希望を事前に聞いていればそれを最優先することはもちろんですが、その希望を聞けていない部分、任せると言われている部分に関しては、オプションとして追加することも、逆に削ることも出来ますので、企業と存分に話し合いをしておくことが大切です。例えば、故人の祭壇のグレードや、花、参列者に持って帰ってもらう品物の内容など、選択できるオプションはいくつかあり、それぞれにランクやグレードもありますので、そうした部分もしっかりと考えておくべきだと言えるでしょう。

他にも、お葬式の際に使う写真や、ご遺体の搬送、霊柩車やお見送りの歌など、いくつか細かい部分から重要になる部分まで、内容や、グレードによって金額を選ぶことが出来る場合があります。こちらから指摘をしないと基本的に準備されているもので用意される場合もありますので、企業側に一つ一つ相談をして、いくつかプランを提示してもらう必要があるでしょう。



事前に考えておくべきことは?



葬儀内容を考える際に、できれば削れるところは削り、こだわりたいところはこだわることも必要ですが、それらはこちらから相談をしないと、特に何も提示されないという場合もあります。いくつかご遺族サイドで考えておいた方が良いこともありますので、下記のことを参考にしてみてください。

まずは、葬儀会社をいくつかピックアップしておくことです。出来ればご本人がご存命のうちに終活をされて、その時にいくつか比較をしておくことが最善と言えるのですが、なかなかそうはいきません。いくつか企業をピックアップしておいて、事前に見積もりだけ出しておいてもらうようにすることをお勧めします。

亡くなられた後に一から決めるとなると何かとバタバタして、落ち着いて決めることは絶対に出来ません。ある程度葬儀会社をピックアップして、相談しておくだけでもいざというときには余裕が持てるものです。

次に、どのような形態の式にするのかだけでも決めておくといいでしょう。家族葬にするのか、それとも、企業の社長さんの場合は社葬も行うのかなど、お葬式の形態によってお知らせをする人の範囲も変わってきます。そこを事前に考えておかないと、お知らせを配ること自体もバタバタして、配り損ねる人が出てくる可能性があるのです。可能であればご本人の希望を聞いて、万が一の際に備えて呼びたい人をピックアップしてもらい、お知らせ先の住所を尋ねておくと良いでしょう。

お葬式というのは突然の事態であり、事前に完璧に準備をすることは到底できません。だからこそ、ほんの少しの準備だけでも大きな違いが出てくるのです。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。