東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀マナーと目黒区について

葬儀マナーと目黒区について

都会の目黒区で葬儀に参列した時も、ほかの地域で行う礼儀をわきまえたマナーには、大きな違いはありません。目黒区などの都会であれば、地方の田舎のように、近所の人が総出で関わるといったことも少なく、プロの業者に葬儀も全て任せるのが一般的です。目黒区での葬儀などでもお願いされることがあるとすれば、受付係などは依頼をされることも考えられます。お願いをされたら、失礼の内容の対応をしていく必要があります。



受付係りをたのまれたら、特に指示がないのであれば、開式の約1時間まえには、身支度も万端にして会場へ行きます。最初に行うのは、喪家へのあいさつで、それから祭壇への一礼も忘れてはいけません。受付ですから周囲の状況を把握するのも仕事のうちと考えて、待合所や焼香所、駐車場のある場所を事前に確認することです。受付は一人とは限らず、チームとなって活躍することが多いので、それぞれの役割分担も、各々が把握をしておくようにします。



参列者は、全員が何かを頼まれるわけではありません。参列をするだけの立場であっても、葬儀のマナーは守ることが必要です。香典の表書きをする時にも、普段は書きなれている人の方が少ないものです。佛式の場合であれば、一般的には御霊前です。ほかにも、御香料や御香典と書く事もあります。地域にもよりますが、四十九日後の法要では御仏前になります。神式の場合だと、御玉串や御榊料、御神前と書く事もあります。キリスト教だと、献花料や御花料です。



案外不慣れでよく扱いがわからないのは、数珠の持ち方です。数珠を持つ場合は、軽く手を合わせます。親指と人差し指の間に、数珠をかけるようにします。ですが線香の前に行った時、手に持つのであれば、方向的には左の手で持つことです。お葬式や法事、お墓参りのときに、それにお仏壇への礼拝では、手には数珠を持ちます。年配の方などは不幸があった時には、ほとんどが持参するものです。若い世代では、それほど馴染みはないかもしれません。



焼香のマナーも、大人になったら知っておくことです。仏教においては、葬儀だけではなく、法事などでもお焼香はあるものです。一族への一例をしてから、焼香台の前まで歩いて、そこで遺影や本尊を仰ぎ、一礼をします。香は右手でつまみ、額の部分へ持っていき、静かに香炉へくべて、必要な回数を行います。合唱して礼拝して、遺族にも一礼をしたら退きます。宗派によっても、若干方法は異なります。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。