東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀マナーと品川について

葬儀マナーと品川について

大都市である東京の品川で葬儀に参列する際には、マナーを守ることも大切です。都会である品川でも、田舎と同じように葬儀には守るべきルールがあります。比較的都会は自由な発想が許容される傾向もありますが、葬儀等に関しては自己的な判断ではなく、世間一般の常識でのマナーを、礼儀としてわきまえることです。品川は交通アクセスも良い場所ではありますが、時間的に混み合うこともありますから、時間には余裕を持って行動をすることも大切です。



故人の成仏を祈ることを目的とした葬儀は、宗教的な儀式になります。参列の開始時間はお知らせがあるので、その開式となる10分ほど前には、会場へ到着をしていることです。お世話になったご縁のあるほど、最後の出棺まで、丁寧にお見送りするようにすると良いです。生前に付き合いが多かった人ほど、当然ではありますが、参列者の人数も多くなります。大勢の人がいるからと、遅くなっていくのではなく、時間的な余裕を持った行動もエチケットのひとつです。



参列に当たり、遅刻をするのは失礼にあたりますし、僧侶の読経がスタートしてから、慌てて入室というのはもってのほかです。受付についたら弔意を簡単に述べます。持参した香典を渡して、会葬者芳名帳へ記帳をしましょう。前日の通夜に参列をしていて、香典を供えてある場合は、会葬者芳名帳へ記帳のみします。受付の前に、携帯電話の電源はオフにしておきます。マナーモードの場合、バイブで音が響くこともあるため、できるだけ電源はオフが望ましいです。



受付お終えて式場に入る際には、一旦立ち止まって先客に向かって一礼をして、席へと移動します。案内係が誘導してくれますが、席が一般の時には、周りの邪魔にはならない場所で、立っています。開式したら僧侶が入場してきます。僧侶を迎えたら、数珠を持参した人であれば、手に数珠を持ちましょう。読経が始まりますが、時間的には、30分から40分間になります。知り合いがいてもおしゃべりしないで、静粛に読経を聞き入ることです。



ご昇降のトップバッターは、僧侶になります。再度、度胸がスタートしますから、喪主から始まり、遺族や親戚が順番に焼香をしていき、ほかの参列者も案内に従って焼香をしていきます。弔辞を読み上げていくのは、個人と生前親しかった人や、同僚などです。読経も終わりを迎えると、法要の終わりを僧侶が告げてから、速やかに退場していきます。最後まで無駄な死後はしないで、周囲の状況を見ながら、皆に合わせるように行動をすることです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。