東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀を始める準備のポイント

葬儀を始める準備のポイント

葬儀を始める時は、何処の葬儀社に任せ、予算を幾らに設定するか、この2つが焦点に成る場合は多く有ります。

安心して任せる事や、最後まで問題なく執り行われる点は、葬儀社に求める条件ですから、急に起こる状況に備え、忘れず準備を済ませましょう。

また、費用はポイント2つ目ですが、葬儀の規模で変わりますし、執り行う場所に左右されますから、予め地域の相場を把握出来ると安心です。

しかし、準備を行う要素は他にも有りますから、大切な点を忘れ無い心構えを持ちましょう。



1つは宗派の確認ですが、仏教だけで複数の文化に分かれていますし、同様に見えても違いは存在します。

葬儀の風習は地域で変わりますから、慣れ無い場所で執り行う必要が有る場合は、地元の頼れる人に相談を行い、準備段階からアドバイスを得た方が、間違いに発展するリスクは減らせるといえます。

お墓の場所や管理形態は、葬儀の後に影響しますから、存命中に詳細の確認を済ませ、安心して見送れる様に用意を済ませておきましょう。

ただ、誰にも正確な最後は分かりませんし、急にこの世を去る場合が有りますから、ポイントだけでも抑える知識は役立ちます。



次の準備は、見送る相手の写真を選ぶ方法で、生前の記録から遺影に最適な1枚を選択します。

写真を選ぶ際は、本人の顔写真が鮮明に残っていて、汚れや損傷の無い比較的新しい物を厳選します。

写真嫌い等で記録が限定される場合は、フィルムを基に作成する事は可能ですが、デジタルカメラの画像と比べれば、鮮明さに掛ける欠点が有ります。

亡くなってから慌てたり、鮮明な記録が無いと悩まない為には、生前にデジタル写真の撮影を済ませ、バックアップを含めて保管を行う方法が有効です。



意外に見落としがちなポイントは、印鑑や本籍といった記録で、公的書類作成に欠かせませんから、最初の段階で準備を済ませてしまいましょう。

書類に必要なこれらの証明は、家族が用意を行う必要は有りますが、手続き自体は代行して貰えますから、忙しい時期の負担を減らす事が可能です。

トラブル要素を減らす為に、重要な物は早めに用意を済ませ、後に不安を発生させ無い配慮しましょう。

準備が一通り揃った時は、喪主や見送る場所を選ぶ段階ですし、最後に内容を詰める状況ですから、もう一度確認してから決定を行います。



順調な儀式の執り行いは、見送る相手の尊厳を守り、家族の思い出を綺麗に残す方法です。

大切な人が亡くなれば、精神にダメージを受ける事は避けられませんが、取り乱しが結果に影響しますから、一呼吸置いて各条件を確認しましょう。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。