東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀や葬儀業者の選び方のポイント

葬儀や葬儀業者の選び方のポイント



葬儀の選び方のポイント



葬儀を執り行わなければならない時は人生で必ずあります。今では従来ほどにしきたりにとらわれることなく、葬儀においても種類がとても多くあります。そのためどのような形式のタイプで執り行っていいか分からない場合があります。葬儀の選び方はそれぞれのタイプによって利点があるので、その特徴を理解して選択する必要があります。

形式は大まかに分けて三つの形式があります。一つ目は一般葬です。一般葬は昔からよく行われてきている形式のものです。一般葬で執り行うことによって故人を見送るために多くの方が足を運んでくれるので、多くの方に故人を見送ってもらうことができます。また、一般葬が執り行われた後は弔問者の対応なども少なく済む場合があります。そのため、葬儀後は普通の生活を送ることができるのです。

二つ目は家族葬です。家族葬の場合は基本的に家族や親族、親しい友人のみで執り行われるので、気疲れすることなくリラックスして故人に別れを言うことができます。また、ご遺族の想いを優先して葬儀を執り行うことが可能になります。家族葬以外の場合は弔問者がいるので、接待などに手間がかかる場合があります。また、弔問者が多い場合は気疲れをしたりして故人との想いに浸る事ができない場合があるのですが、家族葬の場合はごあいさつや接待などに振り回されることが少ないので、故人との思い出を振り返るということも可能になります。

三つ目は火葬のみを行う直葬です。直葬の場合は式を執り行わないので、本当に親しい人のみで故人をお見送りすることができます。また、祭壇にかかる費用、会葬者への費用などを軽減することができ、費用負担を減らすことができます。

このように形式によってそれぞれ得られる利点が異なるので、故人の想いを反映させて、ご家庭に適した葬儀を執り行う必要があります。



葬儀業者の選び方



今では葬儀をサポートするためにサービスを提供してくれるところはとてもたくさんあります。そのため、どのような業者を選択したらいいのか分からない方も多くいるのです。業者を選ぶ際の選び方のポイントは3つあります。

一つ目の業者選び方のポイントはサポート体制が充実しているかどうかです。葬儀が必要になる時は平日の昼間だけでなく、夜中や休日の時もあります。そのため、初めて葬儀を執り行わなければならない方は不安などを抱えているのでサポートしてもらたいと考えている方も数多くいらっしゃるでしょう。業者の中には24時間電話でサポートしてくれるところもあります。また、フリーダイヤルで対応してくれるので、気軽に不安などを相談することができるのです。このような業者にお願いをすると緊急時にも対応してもらうことができます。

二つ目の業者選び方のポイントは多くの種類の形式を取り扱っているかどうかです。ご家庭によって選ぶ形式は異なります。業者の中には一般葬や家族葬、直葬だけでなく社葬なども取り扱い、多くの方にサービスを提供することができるようにサポートしてくれるところもあります。このような業者を選択することによってさまざまな種類の中から自分に適した形式を選択することができるのです。

三つ目の業者選び方のポイントは信頼性が高いかどうです。業者によっては古くから葬儀社として運営されているところもあります。長い実績があるところを選択すると安心してお願いをすることができるのです。



葬儀をするための事前準備



葬儀の業者を選ぶ前に、円滑に行うために事前に準備が必要になります。確認や準備など、さまざまな手続きが必要ですので、まとまった時間を要します。

たとえば死亡届の書類手続きです。この手続きを行うことで、火葬許可証が発行されます。この書類がなければ火葬ができませんので、まず最初に行わなければならない手続きとなります。この書類は遺族で手続きをすることが多いですが、他の対応で忙しい場合は代行で行ってくれるサービスを提供している葬儀業者もあります。

他にも本籍も確認をする必要があります。死亡届を提出するする手続きを行う際、死亡診断書に故人の本籍と筆頭者を記入しなければならないため、早い段階で本籍を確認しておくと良いでしょう。本籍の確認をしていない場合、手続きの時に慌ててしまう場合があるので、事前にしっかりと確認しておく必要があるのです。

その他にも遺影を準備する必要もあります。遺影は葬儀の際にもっとも重要で、特に故人の雰囲気を表すようなものを探すのに時間がかかるかもしれません。たくさんの候補がある場合は特に迷われる方もいるのです。家族と相談をし合いながら適切な遺影の写真を数枚選んでおくと効率的な場合があります。このように事前に準備しなければならないことがあるので、しっかりと葬儀業者にお願いをする前に行っておく必要があります。

最近では終活といって、生きているうちに自分が亡くなった後の準備をしておく活動が話題となっています。死後のことはあまり考えたくないものですが、遺影用の写真を撮影しておいたり、自分の死をどこまで伝えて欲しいかなどを事前に決めておくことで、残される遺族の負担を減らすことができます。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。