東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀は前準備で負担が変わる

葬儀は前準備で負担が変わる


葬式に必要な準備とは



葬式と言えば亡くなってから準備をする場合と、亡くなる前の元気な時に事前に準備をしておく場合とがあります。最近は事前準備を行う人が増えてきていて、元気なうちに費用面や葬儀場の確保をしておくことができます。そうすることで、いざという時に家族に迷惑をかけないで葬式をあげることが出来ます。費用面でも葬式場探しでも、残された人が苦労しないで済むように生前準備をしておくことは重要なことです。このように生前に事前準備をしておくことも1つの方法です。もう1つは、死期が事前に分かった場合に、葬儀場の予約や葬式の時に必要な費用等を家族で話し合って決めておくことも事前準備の1つです。

このように同じ葬式の準備でもいろいろなパターンがあり、それぞれに葬儀の準備を行っておく必要性はありますし、いざという時に慌てないために大事なことです。事前準備をしておくことでその後の葬式をスムーズに進めることができるので、決して悪いことではありません。それだけ周りの人間のことを考えて行う事であれば、周囲からも認めてもらえることになります。

業者を決めておくということは、いざ葬式の時に戸惑うことなくスムーズな葬式を進められるだけではなく、残された家族に対しても安心して葬式を任せることができるので、最後の家族孝行をする事が出来ます。事前に準備をすることで、葬式の準備だけではなく費用がどの程度かかりどのくらいの資金を用意しておかなければいけないのかが分かり、余裕を持って準備する事が出来ます。葬儀場だけではなく、連絡をする友人や知人をメモに残しておくことも重要です。家族だからといっても全ての友人を知っているわけではなく、誰に知らせればいいのかが分かっていない場合が多々あります。そんな時のために、いわゆるエンディングノートを準備しておくことで、残されて家族がスムーズな連絡をする事が出来ます。エンディングノートは日頃は必要性が分かりにくいものですが、いざ家族が残された時に生前どんな人にお世話になっていて、故人がどんな人に葬儀に参列して欲しいのかが分かっていない場合も多く、エンディングノートがあれば葬儀への参列者に連絡を取りたいときに重宝します。

このように、費用面や業者の準備のためまたは故人の友人に連絡をするときには重要な役割りを担うのがエンディングノートです。葬式をどのようにするのかなどを自分たちだけで決めるのではなく、周りで既に葬儀を経験しているの人に助言を求めるのもいい判断材料になります。東京都内の目黒区などで業者を決める場合には、インターネットでも有名な業者は都内全域をサポートしてくれて、目黒区内だけではなく別の地区で葬式を行う場合でも対応してもらえるので助かります。都内全域をサポートしてくれるような業者を選ぶことは、いざという時に非常に大事なことです。



葬式を行う場所はいつ決めればいいのか



葬式を行うにあたって事前準備を行なっていると、その後の進行がスムーズに進むのですが、その中でも特に業者をどこにするのかで葬儀場がどこに決まるのかも変わってきます。故人の生前の意思があれば、事前に葬儀場を決めることも、葬式を行う業者を決めることもできます。故人が生前から契約をしている場合は、亡くなってすぐに葬儀社に連絡して式の準備を始めても十分に間に合います。急に亡くなってしまって何も準備をしていなかった場合は、あわてて葬儀場を見つけなければいけなくなります。そうなると、愛する家族を失ってから悲しみに伏せることができません。気持ちにも時間にも余裕のない中で、それでも葬式をきちんとした形で済ませなければいけなくなります。

生前にあらかたの準備をしておくことで、葬儀場を急いで決める必要もなくなります。ほとんどのことが事前に準備されているので、場所のことでパニックになる必要はなくなります。葬儀場さえ見つかっていればあとは業者にお任せをして十分な準備をする事が出来ます。

都会などの場合は早めに業者を決めないとなかなか予約が取れないこともあります。目黒区にも実績のある業者はいくつかあります。



葬式をしなければいけなくなった時にやるべきこと



病院などで息を引き取った場合は、業者を選ぶことにより明確な葬式の儀式をイメージする事も出来ます。葬式は通夜と告別式の両方を考えながら決めていくことになります。専門の業者であれば、家族たちになるべく負担がかからないように配慮をしながら葬儀場に連れて行くことが出来ます。専門業者では葬式で何をやるべきかをすべて分かっています。

私たちも今後の自分の葬式のことを考えれば、通夜の前までには遺影写真を準備している必要があります。故人となった時のことを考えて、葬式業者の選定と葬式の際の必要な準備を事前にしておかなければならないこともあります。できるだけ早い段階で遺影写真の選定をしておかないと、残された家族は業者を決めてから慌てて葬儀を行なっていくことになります。

自宅が目黒区だからと言って、必ず同じ目黒区内の業者に葬式を依頼しないといけないというわけではありませんし、近隣の区に希望の業者が見つかればそちらに依頼しても構いません。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。