東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の香典と大田区について

葬儀の香典と大田区について

東京の中でも大田区は、下町もあれば供給住宅もある、幅広い人が住む場所でもあります。そんな大田区での葬儀会場は、数箇所から選ぶことができますし、葬儀会社への相談もできます。大田区では、安心できる葬儀屋を探すこともできます。参列をする側となったら、香典を用意する必要もあります。花や抹香の代わりに、霊前へとお供えするものでありますが、急な不幸があったことへの出費で、それに対して助ける意味も持っています。



通夜か葬儀かのどちらかに、持参をするのが一般的な渡し方です。宗教の違いもありますから、先方の宗教は何かをはじめに聞いておいて、それにあった表書きを書くことも大切です。もしも事前に宗教がわからない時には、オールマイティーに使える表書きで、御霊前を使います。ご霊前は自分で書くこともできますが、印刷してあるものを使用すると、あとは自分の名前を書くだけですから気軽です。水引の色は、白黒のタイプを使用します。



ここで気をつけなければならないのは、お札についてです。結婚式とか、お年玉などでは、封筒に入れるのは真剣というのがスタンダードです。一般的にも、誰かに渡すお金というのは、新しくてピンとしているキレイなお札を使用します。ですが、葬儀などの場合になると、その常識は真逆となります。くれぐれも、診察を使わないように気をつける必要があります。高齢の方であれば常識であっても、比較的年齢層が若い人は、知らない人もいるものです。



新札を使えない場合はどうするかというと、普通のお札を包めばいいのです。不祝儀袋に包むお金というのは、新しいものは使わないといった、昔からの暗黙のルールがあるのです。時代は移り変わって、それほど気にしない家庭もありますが、家族には年配者もいますから、新札入れないようにすることです。もしも新札しかないときには、軽く折り目をつけてから包みます。とにかく、新しい状態でなければいいので、軽く折り目をつければ大丈夫です。



不祝儀袋は、市販されているもので、すでにご霊前と記載されているタイプを使用すると、用意もスピーディーです。表書きをする時には、薄墨を使って書きます。筆自体普段は使わないケースもありますが、これからお付き合いは増えていきますから、いざという時のために、薄墨の筆ペンを用意しておくといいです。社会人ともなれば、学生とは違って、幅広い年齢層とのお付き合いがありますから、何かと備えておくと便利です。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。