東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の選び方と葬儀の手順について

葬儀の選び方と葬儀の手順について


葬儀の種類について



葬儀というものは、大切な人を見送るためのとても大事な機会として執り行われるものです。実はお葬式には様々な種類がありますから、その選択をしっかりと吟味することが重要になります。そして、それらの種類をしっかりと把握することで、間違わない選び方ができるというものです。この項目では、葬儀の種類について、具体的な内容を踏まえながらお伝えしていきます。

お葬式の中でも、故人を知る人たちで広く執り行う「一般葬」は代表的なものとして挙げられます。場合によっては、新聞のお悔やみ欄にて逝去を告知することもあります。規模としては、概ね300名以下で行うものを一般葬といい、ここでは社会性や人間関係が尊重され、最も伝統的なお見送りの方法といえます。これに対し、「家族葬」は少人数で執り行うものです。名前から連想するような、家族だけで執り行うという意味合いに留まらず、家族に親戚やごく親しい友人を加えたような、小規模な葬儀というものになります。こちらは一般葬に比べ、ご親族への諸々の負担が軽減されるため、近年においては希望数の増加が見受けられる方法になります。

一般葬よりも、更に大規模な企業が執り行うお葬式を「社葬」といいます。非常に大々的なもので、故人が企業において殉職した場合や、経営者が亡くなった場合に敬意を表して行われるものです。社葬は故人の社会的地位や弔意を証明するものでもあります。費用に関しては企業が全角負担する場合と、それに対してご遺族と分担して費用を賄う「合同葬」が存在します。

「一日葬」はその名の通り、本来2日間かけて行われる葬儀をお通夜なしで1日で行う葬儀です。他のものに比べて準備が軽く済みますから、時間をかけて故人とお別れできるメリットがあります。

「直葬」は、ご遺体をそのまま火葬場に運び、火葬するものです。こちらは葬儀を行いませんので厳密にいうと葬儀とは言えません。ただし、近年ではこの方法を選択する遺族も増えてきています。

他にも、お葬式にはいくつかの種類があります。音楽を軸に構成された「音楽葬」や、形式にとらわれない、自由でユニークなスタイルで行う「自由葬」というものもあります。また、故人の宗教に即した「宗教葬」も存在することを忘れてはいけません。







会場の選択



会場の選び方は、費用や参列者の招きやすさ、故人の強い希望等、どこに焦点を当てるかによって大きく変わってきます。そしてもちろん、会場によってお葬式の形式の選び方が定まってくる場合もあります。

自宅葬は近年見直されている方法で、自宅で執り行うお葬式のことですが、会場を押さえるのにかかる費用がないため、ご遺族への経済的負担が少なくなります。それだけでなく、故人の過ごした空間で行うことでより深い弔いの気持ちを示すことができます。

会館で行われるお葬式は費用こそかかりますが、設備、サービス共に充実する場合が多く、安心して執り行うことができます。一昔前の日本においては、故人の死を最も親しい人たちだけで弔う自宅葬が主流だったのですが、近年はご近所などに配慮して会場を押さえる場合が一般的になっています。

故人が何らかの宗教に属していた場合、寺院や会堂において葬儀を行うこともあります。こちらはあらかじめ寺院等にアポイントメントを取ることで実現可能になります。





葬儀の具体的な流れ



最後にお葬式の具体的な流れについて触れていきます。近しい人が逝去すると、それを悲しむいとまもなく、慌ただしくお葬式の下準備を行わなくてはなりませんから、あらかじめ葬儀の流れを掴んでおくことは大切なことです。ここでは一般的な仏教の方式を例に挙げていきます。

一般的に人が亡くなった場合病院で医師がご臨終を告げますが、その際に「死に水」という仏教の弔いにおいて大切な儀式が行われます。これは脱脂綿などを水で湿らせて、その場に居合わせているご遺族やご友人一人一人の手で、故人の唇を潤わせてあげるものです。

そしてご遺体は安置所に運ばれます。この際、寝台車を手配します。ご遺族自身で手配するのもよいですが、葬儀社に依頼して手配してもらうのも一つの手です。

ご遺体が安置されると、次に葬儀社と近親者とが、具体的なお葬式の流れについて打ち合わせを行います。これ以降、お葬式が終了するまでご遺族の方はゆったりとする時間がなくなってしまうので、ご自宅に安置されている場合等は、これまでにじっくりとお別れを済ませておくとよいでしょう。

続いて、お通夜が行われます。1,2時間程度で法要を済ませ、会葬者に対して接待を行う「半通夜」というものが一般的です。日が沈んでから行われることもあり、日中行われることの多い葬儀より参列しやすく、お通夜のほうが多く会葬者が集まるということも少なくありません。

通夜の翌日、いよいよ葬儀が執り行われます。告別式、出棺という流れで火葬場に運ばれ、火葬されます。火葬が終わると係員から連絡が来ますので、会葬者は収骨室に集合し、収骨を行います。一般的な葬儀の手順はこのようになっているため、こうした点を葬儀社や葬儀方法の選び方の一助とすると良いでしょう。





相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。