東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の選び方とお礼について

葬儀の選び方とお礼について

良い葬儀社の選び方としては、ポイントをおさえて探しましょう。その前に、いくつか家族で確認をしたり、決めておくこともあります。故人の年齢や住所であったり、喪主は誰が担当するのかや、葬儀にかかるトータル費用の予算も考える必要があります。希望の式場はどこか良いのか、参列者のおおよその人数はどれくらいかも、考えておく必要があります。宗旨や宗派、菩提寺の有無なども確認をしましょう。見積書の見本も、あるとスムーズです。



葬儀社の選び方では、何にこだわりを持っている会社かを調べてみることです。それぞれに、オリジナルの特徴を持っていますから、希望とマッチした業者を選ぶことは大事です。選び方のポイントとして、担当が親身になって、こちらの話を聞いてくれるかどうかもチェックしましょう。希望を伝えて、それに沿った提案をしてくれる業者を選びたいものです。話はしっかりするため、最後まで嫌な顔をしないで聞いてくれる、業者を選ぶのも大事です。



費用も安いものではありませんから、かかる料金についての、丁寧な説明があるかどうかもポイントとなってきます。価格は大雑把なものではなく、内訳の説明も、わかりやすくしてもらわなければ依頼する方も不安が残ります。予算がありますから、その予算内で考えながら、見積もりをしてもらえるかも、業者選びには大きく響いてきます。別料金の発生がないかも、確認をすることです。



葬儀が済んだら、お礼と挨拶回りも待っていますできるだけ早い段階に、葬儀で何かとお世話になった人たちのところへ、伺うようにすることです。相手であったり、その時の状況に応じて、菓子折などを準備して持参をするといいです。香典返しの目安としては、一般的には半返しが目安となります。1万円頂いた人へは、半分の5千円ほどの品物を用意するといいです。身内や親族にもなると金額は高額ですが、キッチリと半返しでなくても良いと考えられています。



香典返しであっても、生花の場合の感謝の気持ちには、対処にも困るケースがあります。身内などからの生花への感謝は基本的に、なにか物を贈るといった必要はないです。友人であったり、会社関係の人であれば、香典返しの金額を少し上げることで、感謝の気持ちは伝わります。弔電については、なにか品物を用意することはあまりないです。言葉で返す程度で良いです。お手伝いをしてくれた人へは、早めに千円前後のものを用意して渡します。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。