東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の豆知識や選び方について

葬儀の豆知識や選び方について



葬式の際の服装について



葬式をするという場合には遺族の方も参列者の方も私服などで参加をするということはなく、しっかりと葬式に適した服装をしなければなりません。しかし、初めての経験だという場合には色々と分からないことも多くなります。前もって調べておかなければマナー違反となってしまう可能性もありますので、まずは服装についてをしっかりと理解しておくようにしましょう。

今回は正しい服装についてを紹介していきます。まず、ご遺族の服装についての説明をしていきますが、男性の場合は基本的に黒のフォーマルスーツを用意するようにします。また、ワイシャツに関しては白色を用意するようにしましょう。ネクタイに関しても黒無地が良いとされており、タイピンは付けないようにします。仕事と同じような感覚でカラフルなネクタイを付けることがないようにしましょう。基本的には黒無地となっているため、カラフルなネクタイはその場の雰囲気を壊してしまいます。しかし、通夜に関しては紺やグレーのスーツなどでもマナー違反とはなりません。葬儀の際の方が決まりごとが特に多いので気をつけるようにしましょう。

次に女性の場合ですが、女性は黒のワンピースかスーツを用意することが基本となっています。ワンピースといってもあまりにも肌が露出するものはマナー違反となってしまいますので、肌の露出は避けるようにしましょう。バッグや靴に関してですが、光沢のある素材は良くないとされているため、素材についてはできる限り光沢を抑えられている靴を用意するようにしましょう。基本的にはシンプルな服装を心掛けます。

次に参列者の場合ですが、参列者で男性の場合は黒のフォーマルスーツに黒のネクタイを着用するか、ダークスーツに黒ネクタイを着用するようにします。女性の場合は黒のフォーマルスーツかワンピースを用意し、できる限り地味なデザインを用意します。ネックレスに関してはできる限り避けた方が良いとされていますが、真珠のネックレスは涙を表すためつけても構わないとされています。マニキュアに関してもあまりマナー的には良くありません。できる限りシンプルを心掛けるようにしましょう。このように、大まかな説明となりましたが、葬儀で着用する服装については今回説明した通りとなっています。



葬儀の際に気をつけるべきポイント



葬儀を執り行うという連絡を受けた場合には参列をすることとなりますが、参列をする場合には軽い気持ちでは決して行かないようにしましょう。当日マナー違反とならないためにも今回は気をつけた方が良い行為についてを紹介していきます。

まず、一つ目のポイントとしては遅刻をしないということです。この行為は葬儀だけではなく、全てのことに言えることですが、基本的に遅刻は良くないとされています。しかし、何らかの理由がある場合には、仕方がないこととなりますので、何らかの理由で遅刻をするという場合にはしっかりと連絡をするようにしましょう。

二つ目のポイントは香典に新札を包む行為です。結婚式では基本的に新札を用意することがほとんどとなっていますが、葬式の場合には逆になります。結婚式と同じで新札を用意した方が良いと思っている場合には逆にマナー違反となってしまいますので、新札は避けて用意をするようにしましょう。

三つ目のポイントは遺族の方と長々と話をするという行為です。長話は遺族の方にとっても参列者の方にとっても迷惑となりますので、親しい仲である場合でも、参列をしている際に長話をするということは避けるようにしましょう。基本的には手短に挨拶をする程度にする方が良いとされています。

四つ目のポイントは小さいお子様を連れて行くということです。基本的に静かに執り行われることがほとんどとなっているので、小さなお子様を参列させるというのは万が一のことを考えて避けた方が良いとされています。通常は親しい仲でない場合には参列させないのがマナーとなっています。このように、様々な気をつけるべきポイントはありますので、まずは前もって調べておくと良いでしょう。



葬儀場の選び方について



葬儀を執り行うと決まった場合には葬儀場を探す必要がありますが、故人にとって最後のお別れの場所となりますので、できる限り失敗のないように選びたいと思うのが当然となります。選び方は様々となっていますので、今回は選び方について紹介をしていきます。

まず、一つ目の選び方としては対応力です。急な葬儀でも対応してくれるところを選ぶことによって、スピーディーに対応していただけるので、安心です。

二つ目の選び方は対応できる葬儀場の数です。中には様々な葬儀場を取り扱っている業者もありますので、こういった業者を選ぶことによって納得のいく業者を選択することが可能となります。

選び方は様々となっており、業者によっては対応も変わりますので、対応力が良い業者をできる限り選ぶようにしましょう。遺族の方たちにとって一番良い方法を選ぶと納得のいく葬儀となります。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。