東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の豆知識や見積もりについて

葬儀の豆知識や見積もりについて


葬儀に参列する時のマナーについて



葬儀というと何かとマナーが多く存在しており、特に初めて参列をするという方はどうすれば良いのか分からなくなることもあります。なるべく恥をかきたくないと思っている人や、周りの人たちに迷惑をかけたくないと思っている方もいるかと思われますが、やはり参列する際には最低限のマナーは知っておいた方が良いでしょう。今回は、参列する時に気をつけたいマナーについてを紹介します。

まず、一つ目に気をつけたいこととしては、殺生を連想させるものは避けるようにするということです。例えば、冬のシーズンにはスーツの上にコートやマフラーなどを身に着ける人たちが多いですが、男女ともに殺生を連想させるような毛皮のマフラーやコートなどは葬儀には身に付けないようにしましょう。これは、遺族だけではなく周りの人たちにも不快と捉えられる行為になるので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

続いて、二つ目に気をつけたいマナーとしてはメイクです。主に女性に当てはまるマナーとなりますが、派手すぎるのはマナー違反となるので、なるべくナチュラルなメイクを心掛けるようにすると良いでしょう。普段のメイクが派手で、参列する際も普段通り派手目のメイクをしてしまうという人もいますが、葬儀に参列する際は控えるように心がけましょう。また、メイクのみならず香水などもつけないのがマナーとなっています。基本的に葬儀は室内で執り行うことがほとんどなので、香水などは充満してしまう可能性があります。不快な気持ちにさせてしまう可能性もあるので、避けるようにしましょう。

そして、三つ目に気をつけたいマナーとしてはアクセサリーです。基本的に、参列をする場合に身に着けても良いとされているアクセサリーは結婚指輪のみとされており、それ以外のピアスやブレスレットなどのアクセサリーは外す必要があります。しかし、例外としてパールのネックレスに関しては、涙の象徴と言われているので身に着けることが可能です。

パールのネックレスをつける時に気をつけたいのが、2連のものは避けた方が良いということです。2連は重なるという意味合いがあるので、葬儀などにはふさわしくないものとなり、マナー違反にあたるので注意しなければなりません。

その他にも気をつけたいマナーとして名刺交換があります。これは主に社葬などを執り行う時にありがちなマナー違反です。社葬などでは会社の関係者がたくさん集まります。取引先や株主なども集まるため、中には葬儀ということを忘れて名刺の交換をする人たちがいます。名刺の交換は基本的にマナー違反となるので、しないように心掛けることが大切です。

このように、気をつけたいマナーはいくつか存在しています。恥をかかないためや周りの人たちに迷惑をかけないためにも知っておいた方が良いので、最低限のマナーは守るようにすると良いでしょう。



できる限り費用を抑えたい方へ



葬儀を執り行う時にはプランを選択することになります。実際にプランと言ってもいくつかの種類が存在しているので、どれを選択すれば良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。その中でも今回はできる限り費用を抑えたいと思っている方のために、安くできる葬儀についてを紹介していきます。

まず、安く行えるものには大きく分けると二つの種類が存在しています。一つ目は直葬と呼ばれているタイプです。これは簡単に説明をすると火葬のみを行うプランとなっています。安くすることはできますが、式を執り行わないのが特徴的となっています。一番安いプランは直葬になりますが、それだけではちょっと寂しいと思っている方は、現在多くの人たちに選ばれている家族葬を選択すると良いでしょう。

家族葬は身内だけで故人を送るシンプルな葬儀です。家族、親族等のみ数十名程で執り行う葬儀となるので、遺族側の精神的な負担や資金面での負担も少なくなっているのが特徴です。そのため、多くの人たちが選択しているプランとなっています。

このように、費用を抑える方法は大きく分けると二つ存在しています。故人との最後のお別れとなるので、後悔しないようにどちらが良いのか事前に調べてから選ぶようにすると良いでしょう。



葬儀業者を選ぶときのポイントについて



葬儀業者は各地域に存在しており、相談することによって会場の手配などを行ってくれます。しかし、業者によってサービス内容なども異なるので、選ぶときに悩むこともあるのではないでしょうか。業者選びで失敗しないためには、いくつか知っておきたいポイントがあるので紹介していきます。

まず、大切になるのが見積もりが可能かどうかです。見積もりをすることによって、葬儀にかかる費用などを算出してもらうことができます。見積りができないと後々追加料金などが発生することもあるので、後悔しないためにも見積もりが可能なところを選択すると良いでしょう。

また、葬儀の種類も確認しておきましょう。実際にプランは業者によって異なるので、できればプランを豊富に取り揃えている業者を選択すると良いでしょう。






相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。