東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の豆知識や価格を抑えるための方法

葬儀の豆知識や価格を抑えるための方法


いざという時、知っておくと良い葬儀のマナーについて



どんなことにもルールやマナーが存在しているように、葬儀に関してもマナーはあります。中にはそのマナーについてあまり自信がないという人も多いのではないでしょうか?故人との最後のお別れの場となるので最低限のマナーは知っておいた方が良いでしょう。今回はこれから参列するという人たちのために、一部分ではありますがマナーについての紹介をします。

まず、お悔やみの言葉のマナーについてですが、基本的に長々と話をすることはあまりよくありません。遺族は参列者が多い場合、たくさんの人の対応をしなければなりません。精神的にも体力的にもつらい状態になっていることが多いので、お悔やみの言葉を伝える時には手短に伝えることが基本です。また、お悔やみの言葉の時には忌み言葉についても気をつけるようにしましょう。そもそも忌み言葉とは、不幸が重なるとの意味で重ね言葉や苦や死を連想させる言葉になります。例えば重ね重ね、たびたび、くれぐれも、ますますなど色々な意味言葉が存在しているので、お悔やみの言葉を言う時には忌み言葉についてもあらかじめ調べておくと良いでしょう。

続いて服装や髪型のマナーについて紹介します。まず女性の服装としては光沢のない黒のワンピースを着用しましょう。基本的に季節に関係なく上着は長袖を着用し、スカート丈に関しては膝が隠れるくらいの長さを選ぶようにします。ストッキングに関しては基本的に黒を選択するようにし、肌があまり透けないような色にしましょう。また、バッグや靴に関してですが、これらも光沢のある素材やエナメル素材のものなどは避けて、輝きの少ないものを選ぶようにしましょう。髪型に関してはなるべくスッキリとまとめるようにします。髪飾りは基本的にしないのがマナーになりますが、付ける場合には光沢のない黒のリボンなどを選択するようにしましょう。

続いて男性の服装に関してですが、昔は正礼装で参列することが多かったですが、現在では黒のスーツを着用することが多くなっています。葬儀の案内などで特に指定がないという場合にはブラックスーツを着用するようにしましょう。ワイシャツに関しては白を選択し、ネクタイや靴下、靴は黒を選択するのが一般的です。また、アクセサリーを普段から付けているという場合はなるべく外して参列するようにしましょう。その他にも葬儀には守った方が良いマナーは多数存在しています。自分のマナーに不安のある方は、参列前に一度マナーについて見直しておくと良いでしょう。



葬儀の価格を抑えるためには?



葬儀を執り行う際には費用が必要になりますが、それぞれの家庭によって予算は限られています。中にはそれほど費用をかけることができず、なるべく価格を抑えたいと思っている方も多いのではないでしょうか?価格を節約するためには色々な方法があるので、今回はその中でもいくつかご紹介します。

まず、節約をする方法としては家族、親族だけで葬儀を執り行うことです。中には一般葬しかできないのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、実際には一般葬以外にも色々なプランが存在しています。特にそれほど知り合いや知人も多くないという人は身内だけで葬儀をすることで価格を抑えて執り行うことができます。また、一般葬で執り行う際に節約をする方法としては、接待費を節約することで費用を抑えることができます。例えば葬儀の際には料理を出したり、返礼品を渡したりすることがありますが、これらを全て用意しようと思うとある程度の費用が必要になります。できる限り価格を抑えたいと思っている場合には接待費について考えてみると良いでしょう。

その他にも一番費用を抑える方法としては、火葬のみにすることです。この方法は費用を最低限に抑えることができます。火葬のみを行うシンプルなプランとなっており、様々な事情で費用をあまりかけられないという人はこの方法を選択することで負担を軽減することができます。このように、価格を抑えるためにはいくつかの方法が存在しているので、今回説明した中から検討してみると良いでしょう。



葬儀を行ってくれる業者を選ぶ際のポイント



葬儀は専門業者に依頼することで会場の手配など全てのことをやってくれますが、それぞれサービス内容は異なります。そのため、選び方が重要になるので、今回は選ぶ際のポイントについて紹介します。まず、プランが豊富にそろっているかを確認しましょう。

例えば、一般葬から家族葬まで色々なプランがあればそれぞれ予算に応じて葬儀を執り行うことができます。予算が限られている場合などはプランについても確認しておくと良いでしょう。また、見積もりが可能かどうかもあらかじめ見ておくと良いでしょう。見積もりをすることができれば、どのくらいの費用を用意すれば葬儀が執り行えるか知ることができます。料金の面でトラブルにならないためにも事前に見積もりが可能なところを選ぶようにしましょう。






相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。