東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の豆知識や供える花について

葬儀の豆知識や供える花について



葬儀に供える花の手配とマナーについて



葬儀に供える花のことを「くげ」もしくは「きょうか」と言いますが、これは主に故人のために供えるものでこういった読み方をします。基本的には死者の霊を慰めると同時に祭場や会場を飾るという意味があります。このように、葬儀の時には必要になるアイテムとなりますが、供える時には手配とマナーについて知っておきたいことがあります。ここでは2つのことについて具体的に説明します。まず花の手配についてですが、基本的には花屋や葬儀社に依頼をすることとなります。葬式を行う会場で依頼をする場合には直接連絡をし手配を行います。また、供花については故人に近い親族が取りまとめているケースもあるので、手配をする前には一度周囲の方に連絡を取っておくといいでしょう。続いてマナーについて話しますが、マナーは宗教によっても異なります。まず仏式や神式の場合ですが、この場合に用いられる花は菊や蘭、百合など基本的には白色です。用意する際には白色をメインとして他の色を飾る際にも華美にならないように調整を行います。また、地域によっては祭壇だけではなく、会場周辺に花輪を設置する地域もあります。

続いてキリスト教の場合ですが、基本的には百合やカーネーションなどを送るのが一般的です。仏式などでよく用いられる菊に関してはキリスト教式で使われることはほとんどないので注意が必要です。また、キリスト教式の場合は名札を付けずに自宅宛に送ることが原則です。その為、運びやすいようにバスケットに入れられた花を贈るのが一般的です。このように、宗教によっても異なるので、事前に確認してから手配をすることが大切です。また、その他にもいつまでに手配をすればいいのかよくわからない方もいるかと思いますが、お通夜の前に会場に届くように準備をするのが一般的です。早すぎても遅すぎても迷惑をかけてしまうことがあるので、しっかりと手配をする時は調整をしておくようにしましょう。このように、ここでは手配やマナーについて説明しましたが、事前に把握しておくことでマナー違反となることはないので、スムーズに手配をしたいと思っている人は参考にするといいでしょう。



葬儀を行う際の見積もりのメリットについて



葬儀には様々な種類があり、それぞれ発生する費用は異なります。また、業者も会場も色々存在しているので、それによっても異なる部分はたくさんあります。その為、どこに依頼をしたらいいのか迷うことがありますが、迷わないためには見積りを行ってくれるところを選択するといいでしょう。では、実際に見積もりを行うことによってどのようなメリットがあるのかについてここでは紹介します。

まず、見積もりをすることによって、料金を比較することができるというメリットがあります。見積りは基本的にどこの業者でも行うことができ、プランによってどのくらいの料金がかかるのかを知ることができます。色々な業者に依頼をすれば、どこの業者が一番安いのかをチェックすることができます。なるべく費用は安く行いたいと思っている人もいるでしょう。業者によって料金は異なることもあるので、まずは見積もりをして比較をすることが大切です。また、見積もりは細かな料金まで知ることができるというのが魅力的な部分です。例えばホームページだけを見て選んでしまうと、実際に表示がされている価格とは違う場合もあります。また、追加料金などが発生する可能性もありますが、見積もりなら詳細な情報まで記載されているので、予想をはるかに超える料金が発生することはありません。料金の面でトラブルにならないためにも見積もりは重要です。このように、見積もりのメリットについて話しましたが、業者によっては無料で行ってくれるところもあるので、手軽に見積りは行うことができます。業者の選択で失敗しないためにもなるべく依頼をする前に見積もりはしておいた方がいいでしょう。



どこの業者に依頼するかはサービス内容でも決めるべし



葬儀を行う際には見積もりなどをしてどこの業者にするのかを決める人は多いですが、その他にもチェックしておきたい部分は色々存在しています。その中でもサービス内容が大切になるので、どこのポイントをチェックすべきかについて紹介します。

まず、チェックしておきたいのが緊急対応をしてくれるかどうかです。葬儀は前もって準備をする人もいれば、そうでない人もいます。実際にそれぞれ状況も異なるので、万が一のことが起こった場合には緊急で対応してくれるかどうかがポイントです。また、メールでの相談が可能かも見ておきましょう。電話で相談をすると契約まで進めてくる可能性もあるので、避けたいと思っている人もいるでしょう。まずは気軽に相談をしたいと思っている人は、メール相談も行っている業者を選択するといいでしょう。このように、一部分ですが2つのポイントは大切なので、しっかりとチェックしておきましょう。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。