東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の種類とそのシュミレーションと見積とは

葬儀の種類とそのシュミレーションと見積とは

葬儀の内容




故人を見送る葬儀にはいくつか種類があります。葬儀の種類によって当然値段が変わってきます。種類には一般葬、家族葬、社葬・合同葬、火葬のみと分けられます。それぞれ費用が異なり、会葬人数によっても大きく費用は変わってきます。


現在最も多く行われている葬儀形式が一般葬となります。一般葬は会社やご近所などの故人やご遺族と親交のあった方々と最後のお別れを行います。

一般葬はおおよそ100万円前後からとなります。見積もりとしては祭壇によっても費用が変化していきます。白木祭壇を使用する場合100万円前後から200万前後となります。生花祭壇を使用する場合は140万前後から270万前後となります。コースによって葬儀費用は大きく変わってきます。

家族葬は身内のみで本当に必要な物だけを準備し、故人を送るシンプルな式で、家族・親戚など10名~30名程で故人を送りだす形式となります。家族葬は一般葬に比べてお料理やお返し物の費用を抑えることができますが会葬の方々をお招きしないので香典が極端に少なくなり結果として遺族が負担する費用が多くなってしまう場合もあります。

家族葬の場合見積もりは生花祭壇で75万円ほどから140万円ほどとなります。こちらもコースによって費用が大きくかわります。


社葬・合同葬は創業者や企業幹部、構成を残した社員等が亡くなった場合に企業が主体となって行う葬儀のことです。社葬は故人を供養する儀式的なものだけでなく、会社の経営体制や事業継承を示す広報的な意味合いも多く持っています。

合同葬は遺族だけで行う個人葬と社葬を兼ねて遺族側と会社が合同で行う形式となります。社葬・合同葬を行う場合、遺族や会社の方だけでなく取引先等多くの方が参列されます。

そのため、大きな会場で行われるため事前準備から当日に至るまでの段取りが非常に重要となります。そのため、一般葬や個人葬に比べて社葬・合同葬は高額な葬儀となります。社葬・合同葬の見積もりとして一般的に300万円前後からとなります。祭壇やコースによって500万円程かかる場合もあります。


火葬は直葬友良い火葬場に安置し火葬の実行うシンプルな物となります。火葬は式を執り行わないため費用が安価となります。事情があり費用をかけられない場合等は火葬のみで費用を最低限に抑えることができます。



故人を供養する方法には多くの方法が存在します。式を行う事になった場合はシミュレーションを行いコースや費用をどのようにするか吟味する事が必要となります。





相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。