東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の相場とその本当の料金について

葬儀の相場とその本当の料金について

葬儀一式の費用



財団法人日本消費者協会が3年ごとに行っている「葬儀についてのアンケート調査」によりますと、全国平均額は約199万8千円です。ただ、この調査は、この協会の消費生活モニターと協会会員1024人に対して行われ、そのうち「過去3年間に身内に葬儀があった人」294人の回答データです。

サンプルデータがすくないので、正確な相場が分かるわけではありませんが、全国で毎年110万人の人が亡くなり、100万件を越えるお葬式が行われており、あくまでも一つの目安として考えておくといいと思います。お葬式を行う上で、一番大切な事は、どのようなお葬式にしたいかという事です。友人知人に参列してもらって別れを惜しみたいとか、家族だけで故人との別れの時間を大切にしたいとか、火葬式だけで料金を抑えたいとか、その考え方を明確に持つ事です。


お葬式の料金ですが、葬儀一式の費用と、寺院関係の費用そして飲食費、返礼の費用に大きく分かれます。


葬儀一式の費用は、


お葬式前が寝台車、枕飾り、遺体保存処置料、保管料、棺代そして、通夜葬儀式では式場使用料、祭壇、位牌、遺影写真、受付焼香具、会葬礼状などがあり、火葬には霊柩車、火葬料、バスやタクシー使用料、火葬中待合室使用料があります。

お葬式を行う場合、セット料金として示される場合がありますが、各セットには、すべての費用が含まれているわけではありませんので、最初の話し合いの時に、各費用について納得ゆくまで訪ねてみる必要があります。

寺院関係の日量は、戒名料と℃今日量があります。菩提寺がある場合は、その料金は菩提寺のご住職に尋ねればいいのですが、ない場合は葬儀社で寺院関係の手配もお願いしてその料金も一緒に尋ねればよいでしょう。飲食費の費用は、参列者の人数により、異なります。予め、何人くらい参列してくれるか慨算をして最初の見積もりの時に予算を立てておくといいでしょう。



お葬式は突然、行わなければならなくなる場合があります。病院で担当医に「延命治療をしますか」と聞かれた時には、お葬式の事を考えておくべきでしょう。お葬式を行う時に、まずしなければならない事はどこで、行うかを決定する事です。

行う場所により、納得のゆくお葬式が出来るか、料金は予算内で行えるかに影響が出てきます。できれば数社の事前相談を行う事が良い選択ですが、

無理な場合でもどこか一社、信頼できる所に生前予約をしておくと、亡くなった場合にすぐに寝台車が迎えに来てくれて、その後のお葬式の流れをスムースに行う事が出来ます。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。