東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の準備はどんなことをするの?

葬儀の準備はどんなことをするの?



遺体の安置所の確保



葬儀の準備として最初に行わなければいけないのは、ご遺体の安置所の確保です。最近ではほとんどの方が病院で最期を迎えております。およそ90パーセントの方が病院のベッドの上で最後を迎えておりますので、病院から安置所まで搬送する事になります。死後すぐに搬送するのではなく、末期の水のお別れや身体を綺麗に拭いたり、湯灌などの死後措置と呼ばれる作業を行う事になります。死後措置に関しては病院でお任せする事ができますので措置を病院の待合などで待つようになります。

もっとも多い安置所はご自宅です。故人の方が長い日数入院していたのだとしたら家に一度でいいから帰りたいと思われると思います。天に召される前に自宅でゆっくりしてもらおうと自宅に安置する方がほとんどです。自宅を安置所にすると故人だけでなく遺族の方にもメリットがあります。遺体に目を配りながらいろいろな準備を行う事もできますし、また費用もかかりませんので双方のメリットがある安置所だと言えます。

自宅以外に最近増えているのが斎場や葬儀社の霊安室に安置を希望する方です。最近では住宅事情や近隣への配慮などから遺体を自宅に迎え入れること自体を諦めている方が増えているという事です。その場合は亡くなった方の遺体を自宅に運ぶことはせずに、病院からの搬送のみを業者に依頼することになります。この事をしっかり伝えておかないとなし崩し的にそのままお葬式までその業者に任せるようになってしまいます。

また、病院と提携している会社もあるのですが、このような会社の場合には、一般的な相場よりも割高に設定されていますので、しっかりと値段を確認してから依頼するのか、他の会社に依頼するのかを決める必要がありますので覚えておいてください。



会場の選び方



お葬式の場所の確保については、その後の葬儀会社を選ぶ場合やお葬式のスタイルにも直接的に影響する重要な選択になります。会場としてもっとも利用されているのが公営斎場です。公営斎場は、都心部近郊で利用される事の多い斎場となっております。公営斎場が選ばれる理由はとにかく式場使用料が安価である事です。お葬式はどうしても出費が多くかかってしまいますので少しでも出費を抑えたいという方のニーズが現れた結果だと思います。

また、宗教や宗派が関係なく広く利用する事ができますので利用されやすいといったメリットもあります。公営斎場については火葬場が併設されている所とされていない所がありますので事前にしっかりと確認しておくようにしてください。

次に多いのが民間斎場です。民間斎場には、葬儀社が所有しているため、その会社を利用しなければ使用できない斎場と、葬儀社を指定しないでどなたにも利用許可を出している斎場があります。民間斎場では利用者の制限が無い所が一般的ですので利用しやすいといったメリットもあります。地方に多いのが昔から信仰のある菩提寺の本堂や壇信徒会館です。菩提寺の本堂を希望しているのであれば、お寺から葬儀会社を指定されるような場合もありますので、すでに会社が決まっているような場合には利用できないこともあります。民間を利用する場合にも公営にする場合にも、とにかく斎場まで交通の便が良い所を選ぶのが得策です。いざその場になったら選ぶ時間など作れない場合もありますので、普段からご家族で利用する斎場を選んでおいて意思の統一を行っておく事が重要になります。



故人の信仰や宗旨宗派を確かめる



次に重要になってきますのが故人の信仰や宗旨宗派を確かめる事です。2016年現在、日本で行われる葬儀のほとんどが仏式で行われていますので誤解されやすいのですが、一言に仏式のお葬式と言っても日本の仏教には本当にたくさんの宗旨宗派があります。お葬式の定義や作法、儀礼などはそれぞれの宗派よって違うのでしっかりと確認しておく事が重要になってきます。故人が仏教を信仰している事は知っていても、どのような宗旨宗派なのかを理解している喪主や親戚などはそう多くありませんのでしっかりと確認するようにしてください。特に仏教式のお葬式の場合に先祖代々のお墓のあるお寺がある場合には、そこのお寺の住職や僧侶にお願いして葬儀の導師をしてもらう必要があります。この時、葬儀屋に進められるがまま先祖代々のお墓のあるお寺に連絡せずに他の宗旨宗派でお葬式を行ってしまうと、宗教上の理由から、先祖代々の墓に遺骨を埋葬する事を断られたりする可能性がある他、もう一度、本来の宗旨宗派のお葬式を行わなくてはならなくなってしまいますので、必ず事前に故人の正確な宗派などを確かめておく必要があるというわけなのです。

この考え方は、仏教以外にも言える事で、故人の方がキリスト教だった場合には、故人や家族の通っていた教会などに連絡し相談する必要があります。仏教よりと同様にキリスト教にもたくさんの宗派があります。世界的にも有名なカトリックとプロテスタントでも葬儀の内容はまったく異なってきます。間違えないようにしっかりと確認することが準備としても重要になってきますので覚えておいてください。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。