東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の流れと緊急でも慌てないための注意点

葬儀の流れと緊急でも慌てないための注意点

葬儀は、日常生活に頻繁に起こるものではなく、特に自分が手配する立場になるのは、普通の人なら一生に1~2回あるかないかといったところでしょう。家族を亡くしたショックと悲しみの中、滞りなく葬儀を手配するには何から始めたらいいのか、冷静な判断をするのは難しいものです。そのような緊急事態に備えて、全体の流れをあらかじめ知って、注意点をチェックしておきましょう。



病院で亡くなった場合には、速やかに遺体を引き取らなければいけません。葬儀社が決まっていなければ、病院で紹介してもらえますので、搬送を依頼して、寝台車が到着するまでに安置先を決定しておきます。自宅に安置できない場合には、安置できる施設のある業者を選ぶ必要があります。病院で死亡診断書をもらい、寺院に連絡します。遺体を搬送して安置し、枕飾りをしたら、枕経を読んでもらいます。その後、葬儀の打ち合わせを行い、喪主や規模、形式、返礼品、料理など内容を決めます。日時や会場は、火葬場や会館の都合などもありますので、相談の上、決定していきます。訃報を親戚や会社関係などに連絡します。納棺を行い、自宅にいる場合には通夜の前に会場まで搬送します。



このように緊急に決めることが多いため、業者の言うがままになって費用が高額になりがちです。時間的に余裕があれば、複数の業者を比較するのが望ましいのですが、見積もり価格に何が含まれているのか業者によって異なりますので注意が必要です。セット料金が格安でも、必要なものが含まれていない場合には追加料金が発生して、結局高くなることもあります。また、病院に紹介してもらった業者に遺体を搬送してもらう場合でも、必ずしも葬儀まで依頼する必要はありませんので、とりあえず搬送のみを頼みたいなら、依頼の際にその旨を伝えておきましょう。また、ほとんどの場合、費用には寺院へのお布施等が含まれていないため、別途用意する必要があります。



故人の希望で身内だけの家族葬や無宗教葬を行うケースも増えていますので、多くの業者では対応していますが、思っていた内容と異なることがありますので、必ず確認しておきましょう。費用を抑えたいという考えで家族葬にしても、業者によっては一般葬とそれほど変わらない料金になることもあります。要望をしっかり伝えて、後悔のない葬儀にしましょう。

多くの業者では、緊急ダイヤルなどで24時間対応していますので、依頼すればすぐに駆けつけてもらえます。また、事前相談など利用して理解しておけば、ゆとりを持って対応することも可能です。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。