東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の料金の明細について

葬儀の料金の明細について

葬儀の費用ですが、支払先から考えると、葬儀社に支払うもの、斎場に支払うもの、火葬場に支払うもの、寝台車や霊柩車などの車代、参列者への返礼品、飲食費そして宗教者へのお布施となります。火葬場の費用や車両代金は葬儀社が立て替えてくれる場合もあります。斎場の料金も斎場が葬儀社内であれば、同様に支払います。さらに、飲食費や返礼品の費用の立替払いをしてくれる場合もあります。この費用のうち、最初セット料金として金額が提示されますが、セット料金の中に何と何が入っているかは、葬儀社によってちがっていますので、確認が必要です。その確認を怠ると、後から追加料金が必要になる場合もあります。



この料金のうち、必ず必要なものは、病院で臨終となったとき、遺体安置所まで、遺体を運ぶ寝台車の費用(臨終後24時間は火葬はできませんので、病院から直接火葬場に遺体をはこぶことはできません)、霊柩車の費用、遺体安置所でのドライアイス代、火葬場の費用、棺代です。これだけの費用で行うのは直送火葬の場合で、17万円~25万円の費用ですみます。火葬場へ直接、宗教者に来てもらったり、枕飾りをすると、それにオプション料金がかかります。最近は、故人の意思とか、故人が高齢で参列者がいないとか、勤務先で亡くなったとか言う場合、直送火葬を行う場合が増えてきています。



葬儀費用の全国平均は、約237万円といわれています。しかしながら、この式は、直送火葬から、一般葬、家族葬、社葬とあり、社葬は少なくても324万円以上かかります。一般葬、家族葬の場合は、通夜と参列者の数により、返礼品の費用と飲食代金が異なってきますので、家族葬で最低72万円、一般葬で108万円といわれていますが、生前友人、知人や縁者が多い場合は、費用は大きく膨らむ傾向にあります。



お葬式が終わった後、その費用を支払った後、宗教者への支払い(お布施)が残ります。

菩提寺のある方は、菩提寺に直接確かめて見ましょう。決まったお寺のない方は、お葬式をしてもらった業者に宗教者を紹介してもらうこともできます。そのときだけ、お経を上げてもらう場合、戒名をいただく場合、今後の墓地のことも考えて長いお付き合いの寺院を選ぶ場合とそれぞれのケースにより費用はことなります。宗教者への費用が心配であったり、公営墓地などに既にお墓を持っていて埋葬の心配がない場合は、無宗教でお葬式を行うこともできます。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。