東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の内容の選び方、後悔しないようにしよう

葬儀の内容の選び方、後悔しないようにしよう


多くの人が参列する葬儀



葬儀の方法はいくつもあるため、いざ行うとなると、どの方法が自分たちにとって望ましいのかわからないという事があります。選び方、考え方は人それぞれですが、中でも多くの人が参列するタイプのものを「一般葬」や「社葬・合同葬」と言います。一般葬は、人間関係や様々な社会関係の縁などを重視している方法で、お呼びする方は限定せず、生前に交流があった人たちのほとんどに声をかけるものです。例えば、身内のみで行われる家族葬の場合、呼ばれなかった人から非難を受けてしまうケースがあるのですが、一般葬に関してはそのようなリスクがありません。業者は、予定者人数が300人以下の規模である場合のものを、一般葬と呼んでいます。家族葬などと進行、流れは変わらず行われます。

これに対して、社葬・合同葬と言われるものは、法人が施主となって、会社が営む式の事を言います。合同葬と言われるものは、故人の喪家としての式、加えて法人としての式と一体に行うスタイルの事を言います。どちらにしても多くの会葬者が参列する、大規模な式となるのが一般的です。社葬・合同葬のように大規模に行われる式に似たものとしては、芸能人などの有名な方が亡くなった際に行われるものでしょう。社葬・合同葬は一般的に式とは異なる目的も含まれており、会社のステータスを保つため、幅広く認知してもらうために行うという事もあるのです。これらの一般葬と社葬・合同葬が、主に多くの人たちを呼び、執り行われる式の事で、どちらかというと一般葬の方が行われる事が多いものでしょう。身内だけで執り行いたいという場合には、無理に一般葬にする必要はありません。見送る人の考え次第で、どのような式を選ぶのかが変わります。



身内のみで行われる葬儀



葬儀を行う際、故人が生前に関わってきた人をお呼びするのではなく、身内や遺族のみで行われるものもあります。この形で行われるのは主に「家族葬」や「密葬」と言われるものです。家族葬は、もともと家族のみで行われる意味合いがあるのですが、実際には親族、親しい人のみを加える、小規模で執り行われるものという認識の方が強いです。そのため、家族葬という名称だからといって、家族のみで行わなければならない取り決めはありません。弔事へわざわざ足を運んでもらわなくても良いということで、実際に家族葬を行われることは現在では多いと言われています。会葬者が身内、あるいは親しい人のみと限定されていることで、式の中でかかる費用を一部、削減できるというメリットもありますし、親族のみで行うことで気を楽に持てるという方も多いでしょう。

続いて密葬とは、故人を知っている人のみが集まるほか、遺族や親族のみだけで行われ、基本的に広々と告知することはありません。様々な種類があるなか、古くから行われていることの多いスタイルです。では、家族葬と密葬の違いは何かという点ですが、ほとんど内容的な違いはなく、密葬が名前を変えていき、家族葬になったという考えがあります。核家族が増え、長寿化となってきた変化から、家族葬という形で行う方々が増えてきました。友人や知人、家族や親戚のみで行うという意味では、家族葬も密葬も大きな違いはないと考えて良いでしょう。本葬なしの密葬というスタイルで行われる事は多く、親族が安心して行える葬儀です。選び方は自由なので、家族で真剣に検討しましょう。



簡単に行われる葬儀



葬儀の選び方は人それぞれですが、希望に合った方法を見つけ、納得した上で故人を見送るように心がけるのが良いでしょう。一般的な式とは異なり、簡略的に行われるものがあります。まずその例としてあげられるのが1日葬です。普通は、前日にお通夜の法要が行われ、その翌日に葬式や告別式が行われるのですが、1日葬は、それらをまとめて1日で、火葬まで行っていくというスタイルです。通夜式を行わないということから、弔問や会葬者はなく、身内のみでゆっくりとお別れが行えます。喪主の負担が普通よりも少なくなる点から、身内のみで行われる家族葬同様に、選ばれることの多いスタイルです。

そして、中には火葬のみで済ませるスタイルがあり、それを直葬と言います。通夜はもちろん、告別式等も行わず、故人のご遺体を、火葬場に直接運んで、収骨を行って終わる方法です。宗教者を呼び、火葬炉の前にて儀式を行うこともあります。そのことから火葬式という表現で呼ばれることもあります。直葬は、葬式はもちろん、告別式も行われない方法であるため、その内容から言えば葬儀という表現はされません。葬送法の一つであるという認識で良いでしょう。

直葬は、高齢者の孤独死などから選ばれることが多いのですが、そのほか、葬儀を簡略化したり、費用を少しでも節約しようという目的から選ばれたりすることもあります。もちろん、残された親族の気持ちである以上、その方法が間違いであるという事はありません。いずれにしても、ご家族の方々が後悔しない選び方を、行われることをおすすめします。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。