東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の価格は適性とは限らない

葬儀の価格は適性とは限らない

冠婚葬祭については人生の中で必ず誰にでもいつかは訪れるものですので、ある程度は準備しておいた方が良いでしょう。その中でも突然訪れるのはやはり葬儀です。結婚式のように事前にお知らせが来るわけでもなく、だからといって時間をかけることもできません。大抵の場合は葬儀業者に言われるがままに事を運んでしまい、後からこんなに費用がかかるものなのかと驚いてしまいます。



葬儀については一応の価格の相場はありますが、一概にいくらかかるとは言えません。その理由は変動する要因があるからです。価格を大きく分けると3つにすることができます。1つ目は葬儀自体にかかる費用です。2つ目は参列者などを接待するための飲食費等です。そして3つ目はお経をあげてくれるお寺関係の費用です。この内、1つ目はある程度の固定費で、参列者数によって規模を変えたり装飾などを派手にするとその分費用は大きくなります。



2つ目の飲食費ですが、これが1番の変動性の費用になります。例えば参列者数でも料理の量は変わってきますし、その料理の内容でも変わってきます。言い換えれば、価格全体を控えめにしたい場合にはここを工夫することである程度の低料金化が見込めます。ただし、あくまで故人のための式ですのであまり貧相にしすぎると故人の恥になってしまいますので注意が必要です。



3つ目のお寺関係の費用ですが、これについては千差万別ではないでしょうか。一般的なお布施等の相場はあるものの無理をして見栄を張る必要はありませんし、既に納骨堂等を利用しているのであれば新しく契約をする必要はありませんので、費用については自分次第という点もあります。



また、大きく3つには分けて価格を操作できる点があることはお分かりいただけたかと思いますが、注目するべきはこの3点ばかりではありません。業者が薦めるままに任せてしまうと余計な計上までされてしまいます。何にいくらかかるのかを詳細化して把握するのは大切です。



詳細な費用としては、例えば霊柩車の使用料、司会進行、装飾用のお花代、故人のご遺体の保存のためのドライアイスやメイク、棺や骨壺など細部にまで渡ります。急な展開で心にも余裕が無い時ではありますが、料金の詳細を聞くことは迷惑なことでも何でもありません。また、心を一旦落ち着かせるという意味でもこうした詳細を聞き出すのは、業者も多少時間がかかりますので非常に効果的です。葬儀の価格は決して適性とは限りません。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。