東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の供花の選び方の注意点

葬儀の供花の選び方の注意点

葬儀用に使用される花の種類


葬儀の際に遺族の心を慰めたり、故人の冥福を祈るために花を使うことはとても大切だとされています。しかし、葬儀で使われる花はさまざまなものがあるため、注意が必要となります。

葬儀に用いられる花は献花、供花、枕花と三種類に分けられます。献花は参列者が祭壇に供える花のことをいい、あらかじめ用意されている花を1人1本ずつ花をとって、順番に祭壇の上に置いて供えていきます。枕花は血縁者や故人と親しかった人が故人の枕元に供える花のことをいい、小籠に白い生花を入ったものを供えるのが一般的です。



献花や枕花は故人に供える花に対して、供花は飾るための花となります。式場や祭壇を飾るために供える花のことで、悔やみの気持ちを伝えるためのものともいえます。会社や故人の名前入りの札がついていることが多くあります。

ここで注意したいのが、献花や供花に使われる花は宗派や地域によって異なることです。仏式や神式の葬儀での花の選び方としては、白い色をした菊や蘭、百合などを用いた花輪や花籠が使われるほか、祭壇にあわせてスタンド型やフラワーアレンジを行って飾られることが一般的です。関西地方の仏式では、樒と呼ばれる細長い白い花が使う習慣もあります。キリスト教では、白百合を使うことが主流であり、生花で行わなければいけないという決まりもあるため注意が必要です。


葬儀用に使用される花の選び方


花を贈るための選び方としては、菊や百合だけではなく故人が好きだった花を選ぶのも良いとされています。選び方の注意点としては宗派や地域に使われる花だけではなく、会場の大きさや遺族の意向などを考えることも大切です。大きな物を贈ってしまい、置き場所に困ってしまったなどということも考えられます。また、菊や百合など定番の花であっても、故人が嫌いな花であるなら避けた方が良い場合もあります。

花を贈る場合には、葬儀社に頼むか花屋に注文を行うことで贈ることができます。当たり前ですが、必ず通夜に間に合うことが重要です。

訃報は突然やってきます。慌ててしまい宗派に合わなかったり、場違いな物を贈ってしまったという失敗をしてしまう可能性もあるため、最低限の知識を得ておくことをおすすめします。しかし、マナーを守ったつもりが、逆に遺族を不快にさせてしまったり迷惑をかけてしまう可能性もあるたため、そのことを考えて、マナーに従うことは大切ですが、臨機応変に対応していくことも大切なことと理解しておくことも大切です。





相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。