東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の事前準備と世田谷区について

葬儀の事前準備と世田谷区について



葬儀をする際におこなう六つの事前準備



葬儀をする方の中には、業者にはじめてお願いしておこなう方もいるのではないでしょうか。しかし、初めておこなう方の中には、何から手を付けていいかわからない方もいます。まず、基本的には準備をして葬儀に臨むことになります。事前準備に関して、大まかに分けて六つあります。

一つ目は、印鑑を準備することです。印鑑は、死亡届の際に必要になります。業者にお願いをする方は、業者が代わりに死亡届を提出することになるので、印鑑を業者にわたして死亡届を提出してもらうことになります。印鑑に関しては、実印や銀行印ではなく、三文判の印鑑を用意すると手続きをスムーズにおこなうことができます。また、シャチハタでは手続きをすることができないので注意が必要です。

二つ目は本籍の確認になります。死亡届を提出する際には、印鑑だけでなく故人の本籍と筆頭者を記入する欄があるので、知らない方は事前に確認をしておきましょう。

三つ目は遺影です。遺影は葬儀で飾ることになるので、写真を複数枚用意しなければなりません。写真に関してはどのような写真でも良いのではなく、顔が大きく鮮明に写っているものを選択します。用紙に関しては絹目調の写真ではなく、光沢紙タイプの用紙の写真を選択すると業者が写真をスキャンする際にスムーズにおこなうことが可能です。もし、デジタルカメラで撮影された写真を選択する際は、300万画素の写真を多くの業者では推奨しています。

四つ目は、宗派や寺院、墓地の確認です。宗派がある方は、宗派に合わせて葬儀をするのが一般的になります。もし宗派が分からないのであれば、親族に確認して宗派を把握しておくと故人の宗派に適した葬儀をおこなうことが可能です。また、お墓を持っている方もいるかもしれませんが、お墓を持っている方はどのような形態なのかを把握しておくと宗派に関してしっかりと準備をすることができます。

五つ目は参列者の人数の確認です。家族葬など参列者が比較的少ない葬儀では、参列者の名簿を作成しなくても把握することができますが、一般葬で葬儀をする方は、参列者は比較的多くなります。葬儀では、会葬礼品やお食事などを参列者の方に配布することもあるので、事前に把握をしておくと配布する品物などをしっかりと配ることができます。

六つ目は葬儀場を検討することです。葬儀場は地方や都内の世田谷区など多くの場所にあるので、故人が住んでいる自宅の近くから最適な斎場を探すことが可能です。



形式の種類に関して



葬儀の種類に関しては大まかに分けて四つあります。

一つ目は一般葬です。一般葬は、多くのところでおこなわれてる形式になります。ご近所や会社関係者など、故人と交流がある方の多くが参列することが可能な葬儀となります。接待などが必要になりますが、多くの方に故人が無くなったことを知ってもらうことが可能です。たくさんの方に見守られながら故人を送り出したいと考えている方には最適です。

二つ目は家族葬です。家族葬は親族のみで故人にお別れを伝えるシンプルな形式となります。参列者が少ないので接待などの必要があまりなく、リラックスして故人との最後の時間を過ごすことができます。

三つ目は社葬です。会社を経営されていた方や会社の功績者などが利用する形式になります。社葬は会社関係者が多く訪れ、故人の経営や志を受け継ぐための儀礼行事です。

四つ目は火葬です。火葬は直葬とも言われ、式をすることはせずに火葬場で火葬のみを行う形式になります。事情があって、費用を最低限に抑えたいときに最適です。

このように、形式には様々な種類があるので、親族と話し合いをして好みの形式を選ぶことができます。



世田谷区で葬儀をするための業者の選び方のポイント



世田谷区には多くの商業施設や住宅街があるので、比較的住みやすい街です。葬儀に関する業者も存在するのですが、世田谷区に居住している方で斎場などを探している人もいるのではないでしょうか。業者の選び方のポイントは、大まかに分けて三つあります。

一つ目は、サポートしてくれる体制が整っているかどうかです。業者の中には、緊急時に多くの方をサポートすることができるよう24時間相談などを受け付けてくれるところもあります。緊急で世田谷区の斎場を探さなければならない場合も、このような業者を選択すると緊急事態でも対処してもらうことが可能です。

二つ目は見積もりを受け付けてくれるかどうかです。見積もりを請求することによって、希望のプランや形式で業者に依頼をすることが可能な時があります。中には、葬儀に関する総額の見積金額を提示してくれる業者もあるので、総額でどれだけ費用がかかるのかを知ることができます。

三つ目は今まで利用したお客様の声を参考にして選ぶ方法です。ホームページには、実際に今まで利用したお客様の生の声を掲載しているところもあるので、業者選びの参考になることもあります。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。