東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀の予算が少ない場合は心の準備を整える

葬儀の予算が少ない場合は心の準備を整える

身近な人物と別れを行うために葬儀は重要ですが、それは予算に余裕があるからこそ実現することです。親族などに事情を話すことによって葬儀費用を工面する方法はありますが、それは現実的ではありません。魂が抜けてしまった人体は、そのままの形を留めておける期間が限られています。数日間のうちに葬儀費用を準備する必要があるのですが、予算が少なければ多額の現金を用意することが必要です。結果として、短期間に現金提供することが可能な人物は少ない現実を直視することになります。



さまざまな策を講じたとしても葬儀の予算が少ない現状を変えられないのであれば、直葬する心の準備を整えておくことが求められます。直葬も葬式の手法の一つであり法律に反しているなどといったことはありませんが、執り行う側は心が不安定になりやすいです。身近な人物が現世から旅立ってしまった場合には、気持ちの整理がつく間もなく火葬場で別れを告げることになるからです。心臓の鼓動が止まったその日のうちに火葬が始まってしまうので、あとになってからさまざまな気持ちが渦巻きます。



身近な人物の最期の時期が予測できるのなら、あらかじめ直葬したあとの心境をシミュレーションしておくように準備することは効果があります。人は生まれ落ちた瞬間から最後の時に向かって歩み始めるので、遅かれ早かれお別れしなければなりません。ちょうどそのタイミングで現金が足りないことが原因で直葬する必要があっても、それは仕方がないことであると開き直ることが肝心です。しばしば大切なのは、辛くても何度か直葬する場面を想起して心の準備を整えておくことです。



直葬するときになってから、棺に入れるものを選定し始めるのでは遅すぎます。いつ直葬することになっても即座に対応することができるように、前もって棺に入れるものを決めておくことが肝要です。そうしなければ、旅立つことになる人物に何一つ持たせてあげられないままお別れを行うことになるので、後々公開することになりかねません。その時のことを連想することは楽しいとは言い難いですが、直葬する場合には必要な準備であると割り切ることが重要です。



葬儀のために貯蓄をすることが望ましいと言えますが、それが叶わない家庭は少なくありません。結果として直葬することになったとしても、大規模な葬儀を執り行うことができないなどと悲観することがないように心の準備を整えておく必要があります。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。