東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀のマナーや準備について

葬儀のマナーや準備について



葬儀の服装について



故人との最後のお別れの場となる葬儀について、経験をしたことがあるという方は問題ないかと思いますが、経験がないという方はしっかりとマナーに気をつけることが大切です。その中でも特に服装のマナーについて紹介をしていきたいと思います。

葬儀に着ていく服装は、私服でも問題ないのかというと、当然ながら答えはノーとなります。しっかりと正しい服装で参加をする必要があります。仮通夜や通夜、葬式などによっても服装は変わってきますが、今回は葬儀の服装について詳しく説明をしていきます。

男性の場合ですが、ダークスーツの着用をしていくことがマナーとなります。ダークスーツというのは、色は濃紺、ダークグレーなどとなります。また、目立たないストライブに関しても可となっています。ネクタイは黒やできる限り地味な色を用意するようにしましょう。間違っても着ていく服装で明るい色を着用することは避けるようにしましょう。また、学生の場合は学生服があると思いますが、スーツでなくても学生服で問題ありません。次に女性の場合ですが、女性の場合も紺やグレーなどの地味な色を着用するようにし、スーツやワンピースを着用するようにしましょう。また、黒無地のブラウスやスカートでも可となっています。ストッキングを着用する場合には黒や肌色のどちらかにするようにします。このように、着用する服装としてはやはり地味目のものが良いとされており、明るい色は避けるようにしましょう。基本的に男性も女性もブラックフォーマルの着用が好ましいです。冬場の参列の場合は、コートを着用することがあるかと思いますが、ビジネスマナーと一緒で、建物内に入る際にはしっかりと脱ぐことがマナーとなります。手袋やマフラーなどの防寒具に関しても同じで、建物内に入る際には脱ぐようにしましょう。その他にもアクセサリーやバッグなどについてですが、男性の場合はゴールド系の時計やブレスレットなどの着用はせず、できる限り結婚指以外のアクセサリーは着用を避ける方が良いとされています。また、女性に関してもアクセサリーは結婚指輪のみにしておくようにしましょう。メイクなどに関しても濃すぎるのはNGとなっており、ネイルもカラフルなものはあまり良いとされていません。また、バッグは黒であれば問題はありませんが、ショルダーバッグなどはできる限り避けるようにしましょう。このように、服装で気をつけるべきポイントはたくさんあります。



葬儀に参列する際に避けたいこと



葬儀にはさまざまなマナーがありますが、参列する場合にはできる限り迷惑をかけないようにしたいと思うのが普通です。葬儀のマナーについて不安な方も多いと思うので今回は、参列をする際にNGとなる行動についていろいろと紹介していきます。

まず一つ目は当然とはなりますが、遅刻をする行為はNGとなります。基本的には案内通りの時間に到着することがベストとなっています。しかし、万が一遅れてしまうという場合には、お詫びを述べ、ご焼香をするようにしましょう。二つ目は遺族の方と長話をすることは避けましょう。葬儀では親しい間柄ではないという場合には、基本的にはご遺族へのあいさつは控えるというのがマナーとなっています。

また、逆に親しいという場合だったとしても、長話をすることは避け、手短に話を済ませることが大切です。三つ目は亡くなった経緯を聞くような行為です。経緯を聞くような行為はもっとも避けたいこととなるので、悲しみを増長させるような行為はしないようにしましょう。四つ目は、知り合いがいる場合でも気軽に話しかけるような行為はしないようにします。参列をする際には、知り合いがいるということはあります。しかし、気軽に世間話をするような行為はマナー違反となってしまうため、避けるようにします。

世間話をするという場合には、葬儀会場を出てからにするというのがマナーとなります。このように、一部分の説明となりましたが、葬儀に参列をする場合には気をつけたいマナーはたくさんありますので、前もって調べておくと良いでしょう。



葬儀の準備について



葬儀というのは事前に用意をすることもできますが、中には突然訪れることもあります。こういった場合には準備を進めていかなくてはなりませんので、今回は準備についての説明をしていきます。

まず、確認しておきたいことの説明になりますが、宗派や寺院、基地などの確認が必要です。宗派などによって葬儀の仕方が変わるため、しっかりと確認をしておくことが大切です。

また、遺影にする写真の準備もしておきましょう。ポイントとしては顔が大きく写っているものやブレなどがない鮮明な写真、光沢紙タイプの写真を用意すると良いとされています。その他にも印鑑の準備や本籍の確認など、葬儀に向けての準備はいろいろとしなければならないので、もし事前に決めておく場合にはしっかりと用意する物はしておきましょう。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。