東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀のときに贈る生花の価格相場について

葬儀のときに贈る生花の価格相場について

葬儀における生花の意味と在り方


葬儀を行うときに花を飾ることは通例となっていて、その作法やマナーもある程度知っておかねばなりません。たとえ葬儀を行う業者や生花店にお願いすることになるとしても、ちょっとした知識を持っているだけで迅速で正確に対応できるのです。



枕花は、通夜のときに故人に追悼の念を伝え、故人の霊を慰めるとともに、故人をしのび悲しみを分かち合う意味もあるとされていて、そのような意味合いのお花として枕花を贈ります。枕花は通夜の前から故人の枕元に飾っていて、その後納棺するまでそばに飾るようになっています。



枕花には、派手な色合いのものや鮮やかな色のものは避けて、白や青などの色にするなど生花店に相談することが無難です。この花は通夜の前日までに届けることが良いとされていますが、あまり早いと失礼なことになってしまいます。通夜の2時間から3時間前に届くように手配するときに生花店に、そのことを確認しておくことが必要です。



枕花の一般的な価格相場は、およそ5000円から20000円の程度のものだといわれていて、かご花や盛花といったアレンジメントされたものが基本になっているといわれています。価格については地域によって異なっているといわれていて、個人の家に届けるケースでは10000円程度のものが良いといわれています。



葬儀の祭壇に供えられている花や、会場の外などに置かれている花輪などは供養のための意味もあるのですが、会場の飾りの意味合いも含まれているといわれています。この供花は最近では、葬儀を行う業者に頼むことが多くなっているとされていますが、その理由のひとつ、に祭壇との調和が取れるものを手配してもらうためだといわれています。勝手に注文してしまうと、祭壇とバランスが取れない供花を届いてしまうことがあるので、その点を熟知している業者に任せるというわけなのです。



供花の価格の相場は一般的にはおよそ15000円から20000円程度のものだとされていて、通常は供花を贈ったときには香典は出さなくてよいといわれています。この供花を届けるタイミングとしては、通夜に届ける場合はその日の午前中までとなっており、葬儀のときに届ける場合は前日までとなっているので、注意が必要です。



地域によって異なっているといわれていますが、供花スタンドの価格相場はおよそ15000円から20000円程度だといわれています。詳細な相場価格については、前もってその地域のことに詳しい葬儀の業者に確認しておくことが望ましいのです。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。