東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀に花を準備する際の決め事

葬儀に花を準備する際の決め事

大切な人を見送るための葬儀では、祭壇などにたくさんの美しい花々が飾られることがよくあります。とくに植物が好きだった人や、著名人や有名人の場合は規模も大きくなることから、祭壇一面に大量に飾られているケースなどもあります。しかしこういったものに関しても、それぞれの葬儀プランなどによって、当然ながら変化が生じます。たとえばよく見かける一般的な白木の祭壇のプランでは、飾られる植物の数はさほど多くなく、どちらかといえば祭壇そのものが目立つ雰囲気となっています。対してフラワー祭壇になると、祭壇そのものが花で作られることになるので、白木の祭壇とはくらべものにならないほどの大量の生花を必要としています。そして白木の祭壇と異なり、フラワー祭壇だと生ものですから、当然ながら作り置きや大量生産などをすることができません。



よってその時に咲いているものを利用することになるので、金額も一般的な祭壇のプランよりも割高になることが多いようです。ちなみにこのような理由から、葬儀の準備で一番元の経費がかかるのも、基本的に植物だといわれています。そして植物でも緑の葉の部分が多いものは、当然ながら日持ちするために費用的には抑えることが可能です。大人の男性などの葬儀の場合は、華やかさよりも落ち着いたシックな雰囲気が好まれるため、このような緑の葉の部分が多いタイプを利用するケースも多いようです。



しかしもっと華やかにしたかったり、女性などの葬儀の際には美しさと鮮やかさを追求することもあるので、緑の部分が少ないものの方が好まれる傾向があるようです。こういったものに関しては、基本的に一般的な祭壇のプランでも、シックなタイプや華やかなタイプなどといった故人の雰囲気に合わせ、葬儀の準備の段階で選ぶことが可能です。



また祭壇に使用するものとは別に、親族などから供物として贈呈するタイプのものもあります。こちらに関しても植物だけでなく飲食物などの詰め合わせの籠や茶壺、フラワーリングなどを使用するケースもありますので、いろいろな種類から業者と準備の段階で話し合って決めることが出来ます。ちなみにこういった植物たちは、最後はバラバラにして故人の棺へ納めることが多いです。しかしそれでも数が多ければ余りますので、そういった場合は参列者へ香典返しなどとともに配ることもあるようです。もっとも地域によっては香典返しが当日ではなく、四十九日を過ぎてから贈るところもあります。そういった場合は香典返しと一緒ではなく、別にして当日贈るようにすると良いでしょう。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。