東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀について知っておきたい情報や準備について

葬儀について知っておきたい情報や準備について


葬儀に参列する際のマナーについて



知り合いや同僚、その他関係者が亡くなった場合には葬儀に参列することが多いと思いますが、参列するにあたって気をつけておきたいことがマナーです。最後のお別れの場となるのでマナーを守らないと関係者全員に迷惑をかけてしまうこととなってしまいます。恥をかかないためにも最低限のマナーは知っておくと良いでしょう。

今回はこれから参列をするという人たちのために、最低限のマナーについて紹介をしていきます。まず、参列をする場合には当然ですが遅刻することがないようにしましょう。亡くなった方にとっては人生最後の式になります。その場に出席をすることになるので事情がない場合以外は遅刻はしないようにしましょう。また、万が一事情がある場合でも連絡を入れないというのはマナー違反になります。必ず事情があって遅れる場合には知り合いに連絡を入れるなどして遅れるということを伝えるようにしましょう。重要な事情がない場合にはできる限り葬儀が開始する時間よりも早い時間に到着しておくことがマナーとなります。

続いてのマナーとしては、参列中に知り合いが近くにいても大きな声で話したりすることはないようにしましょう。参列中に私語をしている人たちを見かけたことがあるという人もいるかもしれませんが、私語をしていると他の人からしたら不快な気持ちになってしまいます。どれだけ仲の良い知人がいたとしてもできる限り参列中には話さないように心掛けましょう。また、仕事でお世話になっている人がいる場合には名刺を渡す人がいますが、この場合もマナー違反となるので注意が必要です。

例えば社葬などをする時には、会社の人や取引先など社葬では多くの関係者が集まります。こういった葬儀ではついつい仕事モードになってしまいがちなので、名刺交換などをする人たちもいますが、どれだけ重要な相手であっても故人の気持ちを考えて名刺を差し出すことなどがないようにしましょう。その他にもマナーとしては、アクセサリーの着用はできる限り結婚指輪だけにしましょう。例えば男女ともに近年ではピアスやネックレスなどをする人たちが多くなっていますが、基本的にはキラキラと輝いているものが多く、葬儀ではマナー違反となることがあります。できる限りアクセサリーを普段から身に着けているという人は、外してから参列するようにしましょう。このように、今回はマナーについての紹介をしましたが、マナーを守ることで故人を気持ちよく送り出すことができるので、悔いを残さないためにも決められたルールはしっかりと守るようにしましょう。



葬儀で慌てないための準備について



葬儀は亡くなってから行うものだと思っている人もいるかと思いますが、準備に関しては前もってやっておくことができます。前もって準備をしておくメリットとしては、万が一の時でも慌てることがなくなるということです。しかし、準備をするといっても何から始めたらいいのか分からない人も多く存在しています。そこで今回は前もって準備をしておいた方が良いものについて紹介をしていきます。

まず、遺影の写真を前もって用意しておきましょう。例えば中には写真が全くないという方も存在しています。葬儀では遺影が必要になるので、写真が見当たらない人は前もって撮影をしておくことが大切ですし、もともと写真があるという方は、顔が大きく写っているものや、鮮明に写っているもの、光沢紙タイプのものなどをできる限り選ぶようにしましょう。

続いてやっておくこととしては印鑑の準備です。役所に死亡届を行う場合には印鑑が必要になります。遺族がいないという場合には代行業者が代わりに手続きをしてくれるので、印鑑は忘れないように準備しておくようにしましょう。その他にも参列者が多くなる予想の場合には連絡先名簿などの作成をしてスムーズに連絡ができるように前もって準備しておくようにしましょう。このように、今回は一部分の紹介になりましたが、前もって準備しておきたいことは色々存在しているので、慌てたくないと思っている方は事前に調べておくようにしましょう。



葬儀を執り行う際には



葬儀を執り行う場合には業者に依頼することが一般的になりますが、選び方は重要になるので、今回は選ぶときに知っておきたい情報について紹介していきます。まず、緊急対応が可能かどうかを確認しておきましょう。例えば事前に準備をしている人は問題ありませんが、誰しもが事前に準備できるというわけではありません。急に葬儀をしないといけない場合もあるので、選ぶときには万が一の時でも対応してくれる24時間年中無休のところを選ぶようにすると良いでしょう。また、見積もりが可能かどうかも重要なポイントです。葬儀にはそれなりの費用がかかります。予算内で行うためにも見積もりは大切になるので、見積もりが可能なところを選ぶようにすると良いでしょう。






相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。