東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀についてと目黒区で葬儀社を選ぶ際のポイント

葬儀についてと目黒区で葬儀社を選ぶ際のポイント


葬儀の参列前と参列時のマナーについて



葬儀を執り行うにあたっていくつかマナーがあることを知っている方も多いと思いますが、周りの人たちに迷惑をかけないためにも最低限の情報は知っておくことが大切です。マナーといってもそれぞれの場面によって異なりますが、その中でも今回は「参列前のマナー」と「参列時のマナー」に関する二つのポイントについて紹介をしていきます。

まず、参列前のマナーについていくつか紹介をしていきますが、マナー違反となる行為としては訃報の知らせを受け、深夜に駆けつける行為です。深夜に駆けつけると迷惑に感じる方も多く存在しています。また、ほとんどの家庭では眠りについている時間帯になり、深夜に駆けつけると近隣に迷惑をかけることになってしまうので、訃報の知らせを受けたとしても深夜に駆けつけるという行為は避けるようにしましょう。また、参列前に電話をしてお悔みを述べることもマナー違反になります。基本的に葬儀を控えている遺族は家族を亡くした悲しみの中で、葬儀の準備に取り込み中の場合がほとんどです。そんな時に電話をかけてしまうと失礼にあたる場合もあるので、参列の際に直接伝えるようにするか、参列できない場合は弔電を打つようにすると良いでしょう。

このように、参列前にはいくつか注意点が存在しています。特に今回説明した内容は気をつけたいポイントになるので参考にすると良いでしょう。

続いて参列時にやってはいけない行為について紹介をしていきますが、まず気を付けた方が良いポイントとしては集合時間です。基本的に開始時刻は決まっていることが多く、事前に知らされます。その為、事前に知らされているにも関わらず遅刻をしてしまうとマナー違反となってしまうので、極力遅刻はしないようにすることが重要です。しかし、飛行機の時間等、やむを得ない事情がある場合にはお詫びを述べ、ご焼香をさせてもらいましょう。万が一遅刻をする場合には、連絡を入れることも大切なマナーになるので事前に知っておくと良いでしょう。

そして気をつけたいポイントとしては、遺族との長話です。葬儀のマナーとしては親しい間柄ではない限り、遺族への挨拶は控えるようにするのが基本です。また、たとえ遺族と親しい間柄である場合でもできる限り長話は控えるようにするのがマナーになります。お悔みの言葉を述べる場合にはなるべく手短に済ませるのがポイントです。

また、その他にも遺族へ亡くなられた経緯を聞いたりすることもマナー違反です。このような行為は最も避けた方が良いと言われており、悲しみを増長させてしまう可能性が高くなります。遺族の気持ちも考えて話すようにしましょう。

このように、今回は参列前と参列後に守りたいマナーについてを紹介しましたが、マナー違反となるといろいろな人が迷惑をしますし、時には遺族を傷つけてしまう場合もあります。その為、参列について考えている場合には事前にマナーについて調べておくと良いでしょう。



葬儀に参列する際に知っておきたい小物のこと



葬儀に参列する際には色々と小物を持っている人たちが存在していますが、小物の場合もマナー違反となることがあるので注意する必要があります。今回は参列する人たちのために、小物の豆知識についてを紹介していきます。

まず、ふくさについてですが、色を選ぶときには紫や緑、グレーなどの地味な色が一般的になります。明るい色はできる限り避けるようにすることがポイントです。

続いて手袋についてですが、着用する場合にはできる限り黒色で布製のものを使うようにしましょう。また、焼香を行う時には外すようにするのがマナーになり、付けたまま行わないことがポイントです。

最後にハンカチですが、ハンカチも基本的にマナーが存在しており、できる限り白の無地か黒のフォーマル用を使うようにすると良いでしょう。中には色物のハンカチを持ってきている人たちがいますが、色物はマナー違反となるので注意が必要です。その他にも傘ですが、雨などが降ると傘を持っていくことがあるかと思いますので、葬儀の場合は色を気にする必要があります。基本的には黒や紺、グレーといった地味な色を用意することがマナーになります。

このように、小物にもマナーが存在しているので、心配な方は事前に調べておくと良いでしょう。



目黒区で業者を探す際のポイント



葬儀について考えている方の中には目黒区で執り行いたいと思っている人たちもいるかと思いますが、目黒区には執り行うことができる会場や業者が存在しています。満足のいく葬儀にするためにも業者の選び方は重要になるので、業者を探す際のポイントについてを紹介していきます。

まず、ポイントとしては24時間対応をしてくれるかどうかです。葬儀を執り行う日程は予め決めることができるものではありません。人によって急に執り行う人もいますが、緊急の時も想定してなるべく24時間対応可能な業者を選ぶようにすると良いでしょう。また、葬儀のプランの種類も重要になります。葬儀のプランは豊富に取り扱っている方が予算などに合うプランを選べるので、なるべく豊富に取り扱っている業者を選ぶようにすると良いでしょう。






相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。