東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀と港区と供花について

葬儀と港区と供花について

港区にも葬儀業者は数箇所になりますから、いざという時には相談をすることができます。港区の葬儀業者では、お葬式のことはのもちろん、供花も依頼が可能です。港区の葬儀会社にかかわらず、ほとんどの業者では対応してくれます。供花というのは故人に供えるお花であり、死者の霊を慰める意味を持ちますし、会場や祭壇を飾ることにもあります。親族や遺族が贈るものでもあり、住まいが遠方のため参列が困難という場合も、花を贈ることがあります。



もしも花を依頼するときには、注意をする必要があります。その家庭での宗教の問題もありますし、特に地方に行くほどに、地域の風習にも違いがあるため、勝手な好みで判断して依頼はしないことです。ですから担当している葬儀業者への以来がよいでしょう。関係として親族ならば、注文の取りまとめは喪主が行っているものです。朗報の連絡が来た時に、その場で注文してもいいです。ですがこちらから、喪主へのこういった依頼の電話をするのは控えます。



業者への依頼は、遺族同士で相談をしながら、全体的なバランスや祭壇の周辺が寂しすぎないようにすることです。人づてで朗報を耳にした時には、花に関しての打診がないこともあります。それならば、日程や会場がわかっているなら、花を贈るということができます。会場に問合せをして、喪主家と日程を伝えて、担当する業者と連絡先を聞きます。そして、その業者に問い合わせて、日程と喪主名を伝えてから花の注文をします。



気をつけたいのは、喪家へダイレクトに電話をしないことです。このタイミングというのは、周囲が思っている以上に、喪家は大忙しの状態です。悲しみにうちひしがれている暇もないくらい、あれやこれやとやることが目白押しですから、そんな時に電話したら迷惑になります。直接担当する業者n連絡をして、手配を進めるのが、スマートなやり方です。地域性の違いや宗派の違いというのは、こういう時には細かいものですから、担当葬儀社に直接手配が安心です。



通夜開式がはじまる3時間くらい前までには、正式に依頼をしましょう。そうしないと、通夜に間に合わないことにもなりかねません。花を贈るタイミングは、あらかじめ計算をしておくことです。供花を葬儀に贈ることができなかった場合には、後飾りとしてお供え用の花で、その家に直接贈る方法をとっても構いません。初七日から、四十九日までのあいだには手配をして、贈るようにすることです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。