東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀と告別式の豆知識

葬儀と告別式の豆知識



葬儀や告別式のマナーについて



葬儀と告別式は本来は分かれているものでしたが、近年では続けて行われることが多くなっています。しかし、分けて行うこともあり、分ける場合には友人や知人などの関係であれば葬儀の時間は待機をするようにし、後半の告別式から出席をするのが一般的です。では、具体的に説明をするとどのようなマナーがあるのでしょうか。ここではこれから初めて参列をするという方のためにも、基本的な気を付けたいマナーについてを紹介します。まず1つ目は遅刻をしないことです。基本的に葬儀などを行う際には開始前の遅くても10分前には到着しているのがマナーです。それよりも遅く、ましてや遅刻をしてしまうというのは遺族や会場のスタッフに迷惑がかかってしまうので、遅刻は厳禁です。中には読経の最中に着席をする人がいますが、色々な人たちを不快な思いにさせてしまうので、避けるようにしましょう。万が一遅れてしまう場合はきちんと連絡をし、お詫びをしてから焼香をさせてもらうようにしましょう。また、2つ目のマナーは葬儀や告別式でのお悔みの言葉はできるだけ手短に済ませましょう。参列をする人の中には故人と親しい間柄の人もいれば、あまりかかわりのなかった人もいます。それぞれ状況によって異なりますが、基本的には長話にはならないように気を付けるのがマナーです。特に少しかかわった程度の間柄だという人は、簡潔にお悔やみを述べて早めにお暇するようにしましょう。遺族の気持ちも考えて、なるべく手短に済ませるようにするといいでしょう。

また、3つ目は言葉に気を付けることです。例えば、どんな理由で亡くなったのかといった経緯を聞くというのは、遺族の精神的なダメージが大きくなってしまうのでマナー違反です。言葉を選びながら話さないと相手を傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。その他にも無駄な話は控えることです。葬儀や告別式では昔の友人や、久しぶりに会う人たちもたくさん参列します。その為、人によっては近況を楽しそうに話したり、世間話をしたりする人がいますが、遺族や関係者が不快な思いをしてしまうことにもつながるので、無駄な話をするというのもマナー違反です。このように、気を付けたいポイントはいくつかあるので、特に参列をする場合には十分配慮し、マナーに気をつけるようにしましょう。



葬儀や告別式の基本的なフローについて



葬儀や告別式はそれぞれ異なる部分はありますが、基本的な流れは同じになります。ここでは基本的な流れについて知っておきたいと思っている方のために説明します。まず初めに葬儀や告別式を行う際には斎場に向かいます。ここでは時間に遅れないように早めに向かうようにすることが大切です。

また、到着したタイミングで携帯電話の電源は切っておくのがマナーです。続いて受付や記帳を行います。受付にてお悔みの言葉を述べ、香典を渡し、記帳をします。返礼品の引換券などもこの時に受け取るのが一般的です。続いて焼香を行います。初めて参列をするという人はどのように焼香をしたらいいのか分からない人も多いでしょう。初めての人は事前に正しい焼香の仕方について事前に調べておくと不安がなくなります。続いて焼香が終わったら返礼品の受け取りです。引換券を返礼品と交換し、指示があるまで待機をします。中には焼香をした後に退出をする人がいますが、可能であれば最後まで参列します。続いてお別れの儀を行います。ここでは遺族が故人の柩を閉じ、最後のお別れを行います。そして最後に出棺見送りを行います。喪主の挨拶のあとは出棺となるので、霊柩車が動き出したら合掌をして見送りましょう。このように、基本的なフローについて説明しましたが、ここで説明した流れは一般的なスタイルになります。故人や家族の意向や宗教などによっても異なるので、初めて参列をする人などは事前にどんな流れで行われるのかを調べておくといいでしょう。



後悔しない業者の選び方について



葬儀や告別式を行う時には業者に依頼をするのが一般的です。大切な最期の儀式になるので後悔をしたくないと誰しも思うものです。後悔しないために押さえておくべきポイントとしてはいくつかあるので、ここでは業者を選ぶときに確認しておきたいことについて話します。まず、実際に利用したことがあるお客様の声を聞くことができるかどうかのチェックをしておきましょう。実際に利用したことがある人の声を聞くことができれば、どんな内容かや感想などを知ることができるので、参考にすることが可能です。実際の利用者の声は大切なので、選ぶ前にはチェックしておきたい部分です。

また、メールでの相談を気軽にできるかどうかも見ておきましょう。基本的には電話での相談が一般的ですが、メールだと、時間を気にせずに問い合わせをすることができるので、都合がいい場合もあります。また、文章が残るので後で確認する時にも役立ちます。そのようなサービスを提供している業者も存在するので、メールで対応してくれるところを選ぶのも方法の一つです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。