東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀で知っておきたい情報や準備について

葬儀で知っておきたい情報や準備について


葬儀の服装のマナーについて知っておこう



葬儀を執り行う際には様々なマナーがありますが、その中でもマナー違反をしてしまうと目立ってしまいがちになるのが服装です。マナーを守らないことで恥をかいてしまうこともありますし、周りの参列者や遺族に迷惑をかけてしまう場合もあるので、最低限のマナーは守っておくことが大切です。では、マナーの中でも今回は服装についてを紹介します。服装に関しては立場によっても異なるため、それぞれの立場で知っておきたい服装のマナーについてを紹介していきます。

まず、はじめに遺族が身に着ける服装についての紹介をします。基本的に遺族は、喪服を身に着けるのが一般的です。喪服とは何か分からない人もいるかと思いますが、喪服とは簡単に説明をすると、男性はブラックスーツか和装であれば五つ紋付の羽織袴です。女性は黒無地のスーツやワンピース、もしくは五つ紋付の黒無地の和装です。喪主を務める場合は、正喪服となる和装にすることが一般的になります。

続いて参列者の服装についての紹介をしていきますが、通夜を執り行う場合には男性がダークスーツを着用し、女性は紺やグレーなどの地味な色のスーツやワンピースを着用するようにしましょう。また、男性はダークスーツと言ってもネクタイや靴などにも気を付けるようにしましょう。基本的にネクタイや靴は黒系を選ぶようにし、明るい色は避けるようにしましょう。女性の場合はスカートの場合はストッキングを着用することになりますが、なるべくストッキングは黒または肌色を用意するようにしましょう。

続いて葬儀の場合ですが、男性はブラックスーツを着用するようにしましょう。スーツと言ってもいろいろな種類が存在していますが、ダブルやシングル、三つぞろいのどれを着用してもマナー違反になることはありません。シャツに関しては白色を身に着け、靴は艶のない黒色を選択するようにしましょう。髪の毛に関しては、男性でも長い人はワックスでまとまりのある髪型にしておく、もしくは事前にカットできる場合には短くして参列すると良いでしょう。そして女性の服装についてですが、基本的には黒のワンピースやアンサンブル、スーツの着用をすると良いでしょう。葬儀では肌を見せないのが望ましいと言われているので、露出をしない服装を心掛けるようにしましょう。ストッキングを履く場合も黒色を選択するようにしましょう。髪の毛が長い人は髪留めを利用すると思いますが、髪留めの色も黒系にするなど地味目で統一するようにすると良いでしょう。

このように、それぞれの立場や場面によって着用する服装は異なります。後悔をしないためには事前に知識を身に着けておくことが大切なので、参列をしたことがないという方は事前に調べるようにするとマナー違反になることはありません。



焦らないためには事前に準備をしておこう



葬儀を執り行うタイミングは人それぞれとなるので、急に執り行うことになる人もいますし、事前に準備をして執り行う人も存在しています。近年では焦らないためにも事前に準備をする人たちが多くなっていますが、実際に準備しておいた方が良い事とはどのようなことでしょうか?前もって用意をしておきたいと思っている方のためにも、今回は慌てないために準備しておきたいことについての紹介します。

まず、1つ目に確認しておきたいことは宗派や寺院、墓地などの確認です。例えば、霊園などは宗派などによって利用できるところが異なる場合もあります。事前に確認しておくことで霊園の準備もスムーズに行うことができるでしょう。

続いてのポイントとしては遺影の撮影です。遺影にできる写真がある場合には準備をする必要はありませんが、遺影にできる写真がないという場合には、事前に撮影をしておくなどして準備をすると良いでしょう。写真を選ぶポイントとしては、顔が大きく写っているものや鮮明に写っているもの、光沢紙タイプのものを利用すると良いでしょう。遺影は重要になるので、事前に準備できるのであればそれに越したことはありません。

このように、焦らないためにはいくつか準備しておきたいポイントがあります。ご不幸ごとは予期せぬタイミングで起こりますが、できる範囲で前もって考えておくと良いでしょう。



業者を選ぶときには緊急対応できるところを選択しよう



葬儀を執り行う場合には、業者に依頼することが一般的です。事前に準備をすることができれば問題ありませんが、急に葬儀となることもあります。こういった場合にはすぐに対応してくれる業者を探すことが重要になりますが、業者によっては対応できないところもあります。しかし、中には緊急対応が可能なところも存在しているので、急な場合は緊急対応ができる業者を選ぶようにしましょう。緊急対応が可能であれば遺族が焦っている状態でも的確に相談に乗ってくれますし、24時間対応してくれるので安心です。

満足度の高い葬儀を執り行うためにも業者の選び方は重要になるので、何社かを比較検討し、慎重に選ぶと良いでしょう。







相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。