東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 葬儀が品川区でも花輪を当日おくることもできる

葬儀が品川区でも花輪を当日おくることもできる

葬儀のときにおくる花にはいろいろな種類のものがあります。

枕花、供花、花輪、供花スタンド、献花など、そのおくる人や亡くなられた方との関係で少し違いで出てくるといいます。

まずはそのおくる花の種類の意味をしっかりと知っておくことが大切です。おくられた人が不愉快な思いをしないように、気をつけておくようにします。



まず、枕花というのは亡くなった人の枕元に飾る花のことをいいます。故人のすぐそばに、お通夜の前から飾るものですが、枕飾りの花瓶に飾る花やしきみとは別のものだと考えます。供花とは、故人の供養のためにお供えする花のことをいい、供物などと同じように祭壇に供えるもののことです。お通夜に間に合うときはお通夜の日の午前中までにおくるようにします。葬儀などに贈るときは、できるだけ前日までに届くように花屋や葬儀会社にお願いするようにします。



花輪は地域によって葬儀のときに会場の周辺に飾る地域があるのですが、その会場によって飾ることができないこともあるので、注文の手配では注意が必要になります。供花スタンドというのは、フラワースタンド、花スタンドなどともいいます。花輪は式場の外に飾りますが、供花スタンドは入り口や広い会場の場合は祭壇の左右に飾っていることが多いです。献花とは、葬儀告別式で、参列者がお焼香をする代わりに花を1本ずつ祭壇に捧げるもののことをいいます。



枕花は故人と特にゆかりの深い人や特に親しかった人が、亡くなってすぐに枕元に飾る花のことで、お通夜の前に届くように贈っておくといいです。あまり早くおくるのは失礼にあたるので、訃報を受けてから贈るようにしておきます。供花は故人と親しかった人が贈ったり、遠方で参列することができない人が贈ることが多いです。



このほかにも、そのおくる花によってきちんとしたマナーがあります。それをしっかりと調べておくことが大切です。

また、お通夜や葬儀葬式だけではなく、相手の宗教などによってもおくる花の意味が違ってくるので、それには気をつけるようにしておきます。



最近では当日に注文してもすぐに会場に届けてくれるところも増えてきているので、たとえば、品川区でお葬式をするときに、地方に住んでいるのですぐに参列することができない状態だとしても、お花をおくりたい、というときにネットや電話から花屋などにお願いして、品川区に届けてもらうことができます。品川区にあるお花屋に注文して届けてもらうこともできるのも便利です。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。