東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 緊急の葬儀の服装について

緊急の葬儀の服装について

葬儀に出るときには喪服を着用するのが一般的です。喪服を一着持っていれば、緊急の葬儀にも対応できます。学生の場合には学生服を着用します。葬式が決まった場合、できるだけ量販店やスーパーに行き、喪服などのブラックフォーマルを購入しましょう。価格も幅広く、比較的購入しやすいものも少なくありません。こうした喪服売場には、バッグを含め、様々なサイズが置いてあるため、体のサイズにあったものが見つかるのではないでしょうか。



同じ黒ならスーツで代用できるのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれません。ただ、喪服とスーツは厳密には色が違うため、わかる人にはすぐに分かってしまいます。周りは気づいていても様々な事情があることを察して言わないことも少なくありませんし、心証を悪くすることもあります。そのため、喪服をスーツで間に合わせればいいという考えは極力避けたほうが無難です。



ただ、これは告別式に限った話です。通夜は急なこともあるため、喪服ではなく普通の服装で駆けつける人も少なくありません。逆に通夜に喪服を着ていくのは準備していたと捉えられ、好ましくないと考えられている場合もあります。その場合にはピンクや白といった明るい色ではなく、グレーや黒などの地味な色であれば問題ありません。



告別式に出なければいけないが、どうしても喪服を新しく買えない、今持っている喪服を持ってこられないというときには極力黒でまとめるようにしましょう。緊急の葬儀で服がないと焦らないためにも、一着喪服を購入しておき、使用した後はすぐにクリーニングをしておく、保管場所もすぐにわかる場所にしておくといざというとき安心ではないでしょうか。



喪主の方によってはきてくれるだけで嬉しいと感じるかたもいらっしゃいますが、人の価値観は様々です。自分で判断をせずにできるだけオードソックスな選択肢を選ぶと後々のトラブルも避けやすくなります。仕事関係の葬儀に行く場合に喪服を準備できないときには、周囲や上司に相談しておのが無難でしょう。



喪服は高価なものも少なくないため、突然の準備が難しいこともあるかもしれません。ただ、ふくさや数珠などは必ず必要になるものです。出先であっても安い価格で購入できるため、こうした葬儀に必要不可欠な小物はできるだけそろえておくようにしましょう。仏壇の近くなど、場所を決めて一か所にまとめておくと、緊急の葬儀でもすぐに準備が整えられます。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。