東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 緊急の葬儀で慌てないための準備

緊急の葬儀で慌てないための準備

もしもの時に備えて・・・


葬儀は祝儀と違い、緊急になることが多いので準備しておくことが大切です。葬儀の知識が0だと、緊急のときに慌てます。悲しみに沈んでいる時間もないほどやることがたくさんあるので、事前に知識だけでもつけておきましょう。



もし現在入院していて、容態が思わしくないという場合には、辛いですが準備しておく必要があります。このとき、考え方の違いによって家族間、親戚感に亀裂が入る恐れもあるので、感情を交えずにお互いの考えを確認しておくことが大切です。



葬儀の経験のある人は、準備の大変さを身を持って知っているので素早く手続きを進めてしまおうとしますが、経験のない人だと「まだ生きているのにひどい」と思ってしまうことが多いです。

どちらの考え方が間違っているわけではありませんが、今後の生活に支障をきたす亀裂が入ってしまう恐れもあるので、注意しましょう。



従来は家ごとに行うのが一般的でしたが、今では場所や用意の関係で専門の施設を利用するのが一般的です。葬儀社が管理している建物で、ご遺体の安置、通夜、宿泊、などができる施設です。施設の規模によって1家族しか利用できなかったり、何家族も同時に利用できるホテルのようになっているところまであります。



かなり大きいところになると、火葬や葬儀もまとめて行える場所もあります。ただし、ほとんどの場合、火葬は別の家屋が少ない場所で行われます。



手続きで用意しておきたいのは、喪主の検討、参列者の人数、連絡先名簿、葬儀場の検討、などです。喪主になるのは高齢の方が多いですが、それだと体力的にきつい場合もあるので、その場合には代役として長男・長女が行っても良いです。長男・長女が行えない場合には次に優先される人が行います。



式の進行役は業者がやってくれるケースが多いですが、参列者への挨拶は喪家が行う必要があります。挨拶をする回数は多いので、できるだけ人前でしゃべるのに慣れた人が良いです。本来は喪主が行うのが一般的ですが、喪主が悲しみで動けない場合には代役を出しても良いです。



宗派の確認も大切です。仏教、神道、キリスト教、などがありますが、仏教はさらに細かく、日蓮宗、浄土宗、浄土真宗、時宗、真言宗、禅宗、などに分かれているので、ちゃんと確認しておきましょう。



緊急時だと慌ててしまい、必要な手続きを忘れてしまう恐れもあります。一人だけで全ての用意をするのはかなり困難なので、家族や親戚で協力して手分けして行うようにしましょう。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。