東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 緊急に葬儀の手配が必要になった場合の選び方

緊急に葬儀の手配が必要になった場合の選び方

人の死は誰にでも起こることですが、思ってもみなかった家族の誰かが亡くなると、家族はあわてて冷静な判断ができなくなります。

突然の死でも、悲しみとショックと同時にお葬式の手配や準備をしなければいけません。またお葬式というものは、日常頻繁に起こるものではありませんから、なにをどうすればよいか戸惑うことも多いものです。

お葬式が初めての人は、パニックになって一からすべてを葬儀社に任せ、無駄な費用を出すことにもなりかねません。

緊急でも失敗しない葬儀社の選び方は、まず料金体系が明確になっているかどうかです。

お葬式にかかる価格体系は非常にややこしく、いつもは落ち着いて話ができる人でも、家族の葬式だと判断が鈍る場合が多く、金額がわかりにくく、業者のいいなりになってしまうことも少なくありません。

次に日本儀礼文化調査協会が独自の基準によって、評価できる業者にのみ認定している5つ星認定を受けている葬儀社を選ぶことをおすすめします。この5つ星認定に際しては、見積書の明瞭性や明細性、サービス内容や地域の評判なども厳密な調査を受けて評価しているので、安心して任せられるといえます。



お葬式を経験した人の内、満足な葬儀ができたと思う人は意外に少なく、約8割の人は後悔したと答えています。

それは、ある日突然亡くなるからで、事前に準備をしていることはほとんどないからです。また一生に何回も準備することはありませんから、どれくらいの費用がかかってなにをしないといけないのか、戸惑うばかりですね。

実際お亡くなりになってからでは、調べる時間や余裕はほとんどありません。そのため緊急に電話をかけて見積もりをとってしまい、失敗することも少なくありません。

そうならないためにも、生前に資料を取り寄せて費用などの準備をすることが大切です。



緊急に行うお葬式でも、準備しておくことがあります。

まず宗旨、宗派を調べておくことです。次にどこで行うのか、大まかな式の規模を考えておくとよいでしょう。また故人らしさが感じられる遺影写真を選び、連絡先のリストを作っておきます。

心の準備がないまますべて練習なしの本番になり、なにをすれば良いかわからないまま判断を迫られてしまいますが、事前に相談し不安や無駄を省きましょう。良い葬儀社はその場しのぎの対応をせず、予測できるトラブルへのアドバイスなどをしてくれるものです。気配りがしっかりできる葬儀社に任せたいものですね。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。