東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 緊急な葬儀の流れを知っておこう

緊急な葬儀の流れを知っておこう

突然家族が亡くなってしまった時には、緊急なこともあり、何から手をつけていいのかわからないことがあるでしょう。緊急の場合、亡くなった人と事前に葬儀のことを決めておいたり、話し合いをしていないことも多くあり、遺族は悲しむ暇もなく、さまざまな手配をすることになります。病院での手続きや死亡届など、事務的な作業もしなければいけませんし、予算や状況を考えて計画を立てなければいけません。慣れないことで戸惑うことも多くあり、体力だけでなく、精神的に疲労が溜まってしまうものですので、緊急に葬儀をしなければならなくなった時に困らないように、しっかりと葬儀の流れを把握しておきましょう。



まず家族が亡くなったら、どのような葬儀を行うかを決めなくてはいけません。現代ではお通夜や告別式など一般的な流れで行う一般葬だけでなく、家族や親しい友人、親類など、少人数で見送る家族葬や、火葬のみを行う直葬など多くの形式から選ぶことができます。家族葬の場合、参列者がいないことで受付や会葬返礼品などの準備もいらないですし、家族や親しい間柄の人だけで行うため、ゆっくりと故人との別れをすることができます。一般葬よりも費用が安く済むメリットもあります。直葬の場合は、お通夜や告別式などを行わずに、亡くなってから24時間経過後に直ぐに火葬を行うため、経済的に負担がかからないだけでなく、仕事などで時間がない方にも選ばれています。近年では、見送る側が高齢者の場合もありますので、体力や精神的に負担が少ないことも人気のひとつでしょう。



家族葬や直葬を行う時には、一般の方が葬儀後に弔問に訪れることがあり、応対に手間がかかることもあります。また、訃報をどこまで知らせるかも重要になります。訃報が届かずにお別れが言えなかったことを後悔される方もいるかもしれません。葬儀は、亡くなった方としっかりとお別れをできるように行う意味もありますので、あとからトラブルにならないためにも、しっかりと対応できるようにしておきましょう。家族だけでゆっくりとお別れをしたあとに、会社での付き合いや近所の人のために、お別れ会を行ってもいいですね。

緊急の時に困らないためには、普段から交友関係などを家族で話し合ったり、連絡先などをまとめておきましょう。特に家族が離れて暮らしている場合には、普段の交友関係を把握しておくことは難しいことがありますので、もしもの備えをしておくことが大切です。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。