東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 緊急でも準備が重要となる葬儀

緊急でも準備が重要となる葬儀


突然やってくる葬儀と準備



不幸というものは、突然やってくるものです。明日不幸が起こると分かっているのであれば対応することもできますが、そのようなことはできません。親族が亡くなってしまうということも、ある日突然やってくることでしょう。ある程度予測することができる場合もありますが、それでも正確な日が分かるわけではありませんので、常に緊急で対応していかなければなりません。

ところが葬儀の準備ともなると、そうそう簡単にはいかないでしょう。ここで慌ててしまうと、上手くいくものも行かなくなってしまいます。準備が出来ていなかったとしても、スムーズに進めることができるようにするために、手順などの知識を持つことが重要です。流れを事前に少しでも知っていれば、心にも余裕ができることでしょう。

まず、どこで亡くなってしまったのかが重要になってきます。病院で亡くなった場合には、警察などへの連絡は不要です。しかし、自宅で亡くなった場合には、警察など管轄機関への連絡が必要です。こうしたところで迷いがちとなるのが緊急の時の問題といえるでしょう。

しかし、葬儀会社に早めに依頼をすると、こうした手間についても説明してもらえますし、手配のスピードも上げることができます。

身内の不幸は頻繁に起きることではなく、そこまで経験がないのが当たり前です。そのため、専門の会社をうまく利用していくことが重要になるでしょう。



葬儀会社を見分けるコツは



緊急の段階ですが、葬儀会社に連絡する前に決めておくべきことが幾つかあります。その一つが、どのような葬儀にするのかということです。これは早めに決めておかなければならないことで、ここをしっかり定めておかないとその先へ進むことができなくなってしまいます。

例えば、社会的に大きな影響を与えた人であれば、告知だけということにはいかないでしょう。さらに、火葬のみにするのか家族葬にするのか、それとももっと大きな葬儀にするのかも決める必要があります。宗教宗派の問題もありますので、この辺りの設定を先に決める必要があるでしょう。

はっきりと決まらなくても、イメージを持ってから葬儀会社に連絡をすれば、緊急時でも対応が早くなります。

なぜならば、葬儀会社といっても、全国すべて同じ対応をするわけではありません。会社によっても違いがありますので、事前にイメージを固めておくことが、話をするためにも重要となってきます。

また、緊急だからこそ、葬儀会社の選定は重要になってくるでしょう。病院で亡くなった場合には、紹介を受けることもあります。しかし、そこがすべて丸く収まる場所とは限りません。費用が高額になってしまう可能性も出てきますので、良い会社を見分けることが大切です。

重要なポイントの一つとして、葬儀会社は何かの資格や認定があるわけではないということを理解しておきましょう。自由に名乗ることができますし、許認可もうけないで開業ができます。ガイドラインもありますが、統一されていないのが現状です。だからこそ、価格もバラバラになっているといえます。

そこで注意として必要なのが、一式という見積もりです。緊急ですからという名目で一式の見積もりを持ってくることがありますが、これではいったい何に幾らかかっているのかが分かりません。諸費用をはっきりとさせない葬儀会社は危険と考えていいでしょう。トラブルになる元です。

こうしたところは、質問しても明確な返事ができないことが多いのも特徴です。分からないところははっきりと聞いて確認することが必要でしょう。

一方、良い会社の場合は、必ず選択肢を提案してきます。こちらの話もよく聞いてくれるでしょう。緊急だからといって、焦らせたりもしません。支払期日に余裕を持たせる場合も多く、極端な値引き提案などもしないのが普通です。

さらに、長期にわたって経営しているところは、それなりの信用を持っていると考えることができますので、判断材料にすると良いでしょう。



緊急でも相場はしっかりと把握しておく



緊急ですので、ある程度高くついても仕方がないと思うかもしれませんが、それは大きな勘違いです。相場はある程度ありますので、急いでいても確認する必要があるでしょう。

まず、全国平均ということでは、費用はおおよそ決まっています。内訳として、通夜から葬儀までの飲食費や接待費と、葬儀にかかる費用、寺院関係もかかってくるでしょう。人数などによっても大きな差が出てきますので、注意をしましょう。

これらは都市部にてかかる金額ですが、お布施ははっきりとしない部分もあり含まれていません。一番負担が大きい葬儀の費用は、火葬のみにすると金額を落とすこともできます。様々なコストが上乗せされている部分ですので、無駄なものを省くとかなり安くできるでしょう。

緊急といえども、かなりの金額が動きます。しかも香典として回収できるかどうかは分かりません。このように無駄な費用はできるだけ抑えることも必要ですので、よく相談して見積もりを精査し決めていくことが重要です。






相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。