東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 目黒区の葬儀や祭壇にあわせてマナーを守る

目黒区の葬儀や祭壇にあわせてマナーを守る

葬儀の形にはいろいろなものがあります。

それぞれの宗教や個人の希望によって違いがあるので、参列するときにはあらかじめきちんとどのように行うのかを知ることができるようにしておくといいです。

仏式やキリスト教式、神式などの一般葬儀はもちろん、最近では宇宙葬などもあるということです。



祭壇にも、仏式、神式、キリスト教のものから自由葬、日蓮正宗、友人葬、特別葬、社葬、団体葬などでいろいろなものがあります。

仏式には、三段飾りと五段飾りの2種類があるのですが、三段飾りは1号から11号まであったり、五段飾りなら1号から13号までなど、予算に応じて選ぶことができるようになっている場合が多いです。



キリスト教式には、プロテスタント、カトリックなど各正教の宗派があるので、それぞれに合わせて調べておくといいです。

神式、日蓮正宗式など、その宗教でそれぞれ葬儀の形とマナーを調べておくようにすることが大切です。故人と喪主の方やご遺族に失礼のないように、不愉快な思いをさせたりしないようにしておきます。



葬儀の形に合わせて花などもおくるようにしておくことも大切です。

祭壇に飾る花や故人の枕元などに飾る花など、いろいろな種類のものがあるので、それもマナーを守っておくるようにしておきます。

枕花はその言葉通り、故人の枕元にお通夜から葬儀が終わるまで飾られるものです。故人と親しかった人や特別に仲が良かった人などがおくります。



キリスト教などの場合は献花などがあり、祭壇に一人ずつ白い花をおいていくスタイルになります。白い花はカーネーションなどの棘のない花を選ぶようにしています。

棘のあるバラなどの場合は、故人が好きだったという場合や遺言などの特別な理由がないかぎり、選ぶことはないといえます。



最近では遠方にいても葬儀がある式場などにすぐに花をおくることができるようになってきています。

たとえば、目黒区が式場なのですが、遠方で参列することができないので花をすぐにおくりたい、という場合でも、ネットや電話で花屋などにすぐに注文して目黒区の式場におくることができる、ということなのです。目黒区の花屋に遠方から花を注文することもできるようになってきているので便利です。



故人の宗教に合わせて花もマナーも守るようにして、ご遺族の気持ちにそうことができるようにすることが大切です。亡くなったことを知ってすぐにおくる、というのはいいのですが、あまりにも早すぎるのも失礼です。なので、お通夜に間に合うくらいにお願いしておくといいです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。