東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 目黒区で故人をおくる葬儀社の選び方

目黒区で故人をおくる葬儀社の選び方

後悔しない葬儀屋を選ぶために


最近では終活などといいまして、そのことが起きる前にすべて決めておいて終末を迎える人が増えているといわれています。それは、式の前や最中などで悲しい思いをさせているときに、あわただしくどたばたとさせたくないという家族への最後の思いやりの心なのです。事前に相談して納得のいくように準備しておけば、そのときを迎えるときには家族にスムーズでゆったりとした気持ちにさせてあげることができるからです。



また、葬儀の内容も以前とは変わってきているようです。以前のものは一般葬と呼ばれ費用が300万円前後ぐらいかかることがあたりまえで、そのクラスの内容のものを行うことに誰も何も感じていなかったようです。ですが最近では家族葬と呼ばれるものや、また火葬のみといったタイプのものを行う人も多くいるといわれています。



その式の行い方によって葬儀社の選び方が変わってくるとされていますが、それは会社よって得意なものや不得意なものがあるといわれているからです。そのため目黒区などで行う場合でも、事前に複数の葬儀社に訪問して会場や祭壇などを見学をし、費用についても確認しておくことがよいといわれています。そうすることによって落ち着いてゆっくりと自分のペースで考えて、決めていくことができるのです。



火葬のみというものですが、これは自宅などに行かずその足で火葬場に直行して遺体を安置してもれい、式を行わずに火葬を行うもので、直葬とも呼ばれています。この火葬のみは費用をかけずにシンプルに行いたい方に対応しているプランで目黒区でも行うことができます。

一般的にこのコースの費用には、お棺にドライアイス、式典係員に納棺の儀、役所への手続きがコース金額として含まれているようですが、事前に確認しておくことが望まれます。



次に家族葬と呼ばれるもので、近年このタイプの式を行う家族が増えているといわれていて、このタイプは身内だけで故人を送る小規模なものになります。世間的にはまだまだ浸透していないとはいわれています。


しかし、家族葬などの小規模な式を行うことに特化して、そういったタイプの会場をいくつか持っている葬儀社も増えつつあるようです。どうして家族葬というのに会場のタイプがいくつも必要かといいますと、それは葬儀に参加する人数によって会場の広さを決めているからです。


このタイプのものはコース自体の金額は安く感じるのですが、コース以外のものにも結構費用がかかることがあるので、これも事前によく確認することが望ましいです。目黒区でもこのような家族葬に対応できる葬儀社もありますので、事前にしっかりと相談することをお勧めします。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。