東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 病院の紹介だけではない葬儀屋の手配と事前相談の意味

病院の紹介だけではない葬儀屋の手配と事前相談の意味


慌てないようにするために葬儀の流れを知ること



もしものことを考えた場合、葬儀の流れを知っておくことは重要なことです。これは、自分の葬儀としても考えておくべきことで、何も縁起の悪いことではありません。残された人のことを考えれば、とても重要な意味を持ってきます。




これは、いざという時に慌てないためでもあり、大切な儀式をスムーズに進めるためにも必要なことです。終活と呼ばれることもありますが、さまざまなことを取り決めておけば、問題も少なくなるでしょう。執り行う側から考えても、事前に故人の意向を知ることで、判断や選択がしやすくなります。




葬式ともなると、すべてが待ったなしで慌ただしく進んでいってしまいます。後で悔やまないためにも、事前に葬儀屋を決めておいたりすることも重要なことです。




葬儀の流れとしては、自宅で亡くなるのか、病院で亡くなるのかによっても違ってきます。例としても多いのが病院でなくなった場合ですが、医師から告げられた後、エンゼルケアーをおこなってもらうことになるでしょう。保険適用外ですが、ご遺体をきれいにアルコールでふき取り、清潔にしてもらいます。




清拭と呼ばれることも増えましたが、湯灌の代わりにおこなってもらうことができる方法です。身づくろいや死に化粧などもおこなってくれる病院もありますので、相談してみるといいでしょう。




次に遺体の搬送を考えていかなければいけません。その場合、病院から死亡診断書を発行してもらわなければ、外に搬送することができないということに注意が必要です。




葬儀屋に連絡を取り、手配するのが一般的な方法となっていますが、その場合、病院に葬儀屋を紹介されるということも出てくるでしょう。しかしながら、搬送だけ依頼する方法もとれますので、自分で葬儀屋を手配したいという時には、はっきりと搬送だけと伝えておくことが重要です。搬送先に関しても、自宅という選択肢のほかにも、葬儀屋に相談してみると安置設備のある葬儀場を提案してもらうこともできます。





事前に決めておくことができること



遺体安置の手配が済むと、次に葬儀を考えていくことになります。葬儀屋に相談して進めていくのも一つの方法ですが、喪主ということは事前に考えておくことができることのひとつです。一般的には世帯主や配偶者となりますが、長男や長女が務めることも多くなっています。喪主は他にもさまざまなことを執り行っていかなければいけないため、よく話し合って進めることが大切です。




事前に整理しておくことができるものに、連絡先があります。実際に葬儀直前に大騒ぎになることが多い部分ですが、ある程度作成し整理しておけば、慌てて考える必要がないでしょう。この連絡先の整理は、葬儀場の選定にも大きな影響を与えます。参列者の数によっては、どこまで大きな場所にするべきなのか、お礼品や食事にもかかわってくる部分ですので、ある程度整理して考えておくといいでしょう。




葬儀場や斎場の選定には、交通の利便性なども考慮しなければいけません。車でのアクセスだけではありません。電車で来られる方もいらっしゃいますし、アクセス手段が取れないということも考えられます。




僧侶などの都合もありますので、さまざまな面から考慮していかなければいけません。いくつかの手段を考慮しておくことが重要ですので、事前に葬儀屋と協議しておくといいでしょう。これだけのことを、時間もないままに決めていくことは、大変困難です。バタバタとしてしまうことになりますし、故人との最後の別れを十分に行う時間もなくなってしまいます。





事前相談は縁起が悪いことではない



葬儀屋に事前に相談することが、縁起の悪いことだと考える人もいることでしょう。実際には、多くの人が事前に検討を始めていきます。これは、それだけ多くのことを決めなければならないからといえます。




人生最後の瞬間であるのにもかかわらず、バタバタとしてしまい、まとめることが難しくなるというほうがよほど問題であるといえるでしょう。自分で決めておくというのも、こうした負担の大きさがわかっているが故です。あとから悔やむぐらいであれば、余裕のある時に冷静に決めておくということは賢明な方法です。元気なうちにさまざまなことを判断しておけば、残された人の負担は確実に軽くすることができるからです。




最近では、戒名も決めておく人が増えています。さらに、葬儀も大きくしないように、遺言をする方も多いでしょう。こうした意向を反映させるためにも、ある程度の相談や手配をしておくことは、デメリットになることがありません。縁起が悪いどころか、失敗しないという点において、大切なことであるのは間違いないでしょう。




病院でなくなられても、自宅でなくなられても、葬儀というものは大変な労力がかかる大切な儀式です。




短時間のうちにさまざまなことを行っていかなければいけなくなることを考えれば、手順も整理しておき、戸惑わないようにした方が良いでしょう。そのためには、専門の知識を持つ葬儀屋を有効に活用することが近道となることも間違いないことです。






相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。