東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 港区の方の葬儀で注意すべきマナーや髪型

港区の方の葬儀で注意すべきマナーや髪型

葬儀における主なマナー


故人を送る大切な儀式である葬儀においてマナーに反した服装などで参列してしまうと、故人との別れを惜しむどころか反感を買って、葬式どころではなくなってしまうおそれがあります。自分が恥をかくだけならよいのですが、ご遺族に迷惑をかける可能性もありますので、そうならないように必要最低限のルールを知っておくことが必要です。



急な葬儀で頭を痛めるものとして上げられているのが、その服装とされている喪服のことでちゃんと用意してあるかどうかで、ひょっとして前回に何らかの式に出席したときのままで、クリーニングに出していなかったというようでは困ってしまいます。着用して汚れているようであれば、当然洗濯することを考えてクリーニングなどに出して洗うことを考えますが、見た目がきれいだった場合には出し忘れているときがあります。



汚れていなくて見た目が良くても、汗などがしみついていて臭いがするときがあり、その臭いをぷーんとさせて葬式に参列すると故人にも大変失礼なことだといわれていますが、遺族や周りの人にも迷惑をかけてしまうので、その点を注意しておく必要があります。



また、葬儀で悩むといわれているものに女性の髪型があるといわれていて、それは急なことだったからといって許されるものでもないからです。まず、茶髪は駄目だといわれていて、明るいヘアーカラーでは故人をしのぶ気持ちが表れていないようにも見えてしまうのです。通常そういった場合は、黒く染め直して参列することが常識だとされていますので、港区のお住まいの方は付近にある美容院などで、日ごろから急なときの対応方法を相談しておくと良いといわれています。



故人を送る髪型としてふさわしくないものにパーマが挙げられています。ですが、パーマをしていることがいけないというわけではなく、葬儀ですから華やかに見えてしまうものがマナー違反とみなされてしまうのです。ファッション性を重視しているものは、ひとつにまとめるとか、ピンで抑えて清楚に見えるようにすれば、葬式に参列しても問題がないということになりなす。ですが、これも港区の方は、近くの美容院で葬儀に参列する前に適切であるか相談しておくことが望まれます。



服装などのマナーやルールについては、港区にお住まいの方は普段から利用している美容院などで、確認しておくことが望ましいとされています。また、時間があるときに地元の葬儀社に事前に葬式などの相談に行き、その業者のシステムや見積などと一緒に、服装や髪型の注意点も教えてもらっておくことも、マナーを確認するひとつの方法だといわれています。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。