東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 港区で葬儀を開く際に気をつけたいことについて

港区で葬儀を開く際に気をつけたいことについて


後々後悔しないために



亡くなった方との最後のお別れの機会であるお葬式の準備は、家族や親族が亡くなった直後から始めなければならず、大変つらい思いを抱えたまま準備を進めなければなりません。そのためあまり深く考えずに準備を進めてしまったという方も多く、後々もっと良い準備の仕方があったのではと後悔したという方も少なくないそうです。そんな思いをしないためにも、お葬式の準備はしっかり済ませておきたいところですが、港区在住でお葬式を開くことになりそうという方は、どういった点に気を配ればよいのでしょうか。

港区在住の方で特に気をつけておきたいのが、火葬場や斎場が不足しているという点です。港区をはじめとする東京首都圏は公営の火葬場や斎場が極端に少なく、高額な民間の火葬場を使ったり、倍の費用がかかるほかの地域の火葬場を使う方が大変多いといいます。港区は区立の斎場が使える分、まだ斎場を使いやすいといわれていますが、それでもタイミングによっては予約が埋まってしまうこともありえるので、なるべく早めに葬儀社に連絡して、斎場の確保などに動いてもらえるよう準備しておきましょう。

また亡くなった方のことについての情報を控えておくのも、後々の準備に大きく影響します。特に宗教の宗派は重要で、新興や宗派の違いによっては葬儀の形式も変わってくるので、前もってどんな宗派に属しているのかなどの情報を直接聞いておいたほうが良いでしょう。最近は終活を行うという方も増えており、そうした情報をあらかじめまとめているという方も増えているので、そうした活動をしているときは一緒に作業を手伝って情報を共有しておくのも良いでしょう。

そのほかにも気をつけておくべきことはたくさんありますが、やはり事前にある程度の準備をしておいたほうが、後々のトラブルを防止しやすくなります。まだまだ元気なうちに、必要になりそうな準備は済ませておきましょう。



首都圏の斎場不足



港区在住で親族がお亡くなりになったという方は、お葬式の準備を進めていかなければなりません。やらなければならないことはそれこそ山のようにありますが、特に早めに準備を進めておきたいのが斎場にまつわる準備です。特に首都圏在住の場合は、できる限り早く行動しておかないと、最悪の場合お葬式を行いたくてもできない状況に追い込まれるので、自分ができる範囲で積極的に行動して、少しでもスムーズに準備を進められるようにしましょう。

ここ最近首都圏で問題視されるようになってきているのが、斎場と火葬場の不足です。いわゆる公営の火葬場や斎場が極端に少ないため、より高額な民間の斎場や、他の地域の斎場を使わざるをえなくなったことで、必要以上に予算をかけなければならなくなるケースが増えています。さらに問題なのが、斎場や火葬場を確保することができないケースで、多くの人が暮らしている東京では同じタイミングで亡くなる方も多く、安い公営の斎場はもちろん、他の斎場も予約でいっぱいになってしまい、予約が空くまで遺体を保管しなければならないなど、費用がかさむばかりか、生活にまで支障が出かねない事態に発展することもあります。

お葬式を行うタイミングは、亡くなるタイミング次第でもあるので、自分たちだけではどうすることもできない面もあるのですが、それでも何も行動しないよりも何かしらの準備を済ませておいたほうが、問題が起きる可能性を減らすことができます。

たとえば事前に葬儀社の情報を調べておいて、公営の斎場が利用できるか確認したり、お葬式のプランを決めたり、ある程度の予算を確保しておいたりと、事前の準備を済ませておけば、早い段階で斎場や火葬場を押さえることができるはずです。



参列者のことを考えて



肉親や家族など大事な人が亡くなってしまったとき、すぐに準備しなければならないのがお葬式です。初めてのことでどうすれば良いのか分からないという方も多いのですが、葬儀社に連絡してどういったプランでお葬式を進めるかサポートしてもらうことで、多少はスムーズに準備を進めることができるでしょう。どのようなお葬式にするかは、自分である程度自由に決められはしますが、気をつけておくべき点として、参列者のことも考えたプランを選ぶようにしましょう。

最近は家族葬のような、必要最低限の参列者しか呼ばず、小規模なお葬式を行うという方が増えています。さらに少数派でほとんどいませんが、中には火葬だけを行って、それ以外のことをしないという方もおり、費用を最小限に抑えることができる反面、亡くなった方の友人や職場の同僚や上司など、最後のお別れがしたいという方の気持ちを無視することにつながり、今後の人間関係にも少なからず影響が出ることがあります。そうしたトラブルを防ぐためにも、多くの人が望む形のお葬式にできるよう、プラン内容をじっくり考えてみてください。

港区のように斎場が不足しており、即座に動かないと予約が埋まりかねない環境だと、葬儀の準備にもあまり時間をかけられませんが、だからといって考えなしに行動しても良い結果は生まれません。自分だけで準備を進めるだけでなく、亡くなった方の人間関係も考慮して、一人でも多くの方が、満足して最後のお別れができるようなお葬式にしていきましょう。そのためのサポートも全力で行っているので、より手厚いサポートが期待できそうな葬儀社を探してみましょう。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。